顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみによるシワ、ほうれい線にイオン導入美顔器は効果あるのか

イオン導入美顔器は、かなり前から販売されていて、常に進化しているイメージがありますね。イオン導入美顔器と言えば、美肌効果のイメージがありますよね。毛穴のお掃除をしてくれたり、毛穴の引き締め効果などに良いという感じがあります。顔のたるみによるシワ、ほうれい線などには、どうなのかな?と思っていましたが、どうやら効果がある様なんです。そのような顔のたるみによるしわ、ほうれい線への効果について記事にしました。

 

顔のたるみシミ、ほうれい線に効果があるイオン導入って何でしょう?

 

イオン導入って良く聞きますね。肌に良いんだな~と言うのもなんとなくわかります。しかし、イオン導入ってどうして肌に良いのでしょう?イオン導入すると肌がどんな状況になるのでしょう?わからないまま使うのも怖いので、そんな方の為にもシェアします。


そもそもの目的は、肌に浸透しにくい成分を微弱な電流を流して、肌の奥へ届けましょうと言うことで始まったのがイオン導入の様です。その浸透し難いけど肌の奥へ届けたい成分が、ビタミンC誘導体やプラセンタと言うことになります。

ビタミンC誘導体については以下の記事を参考にして下さい

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

人間の肌の1番表側の角質層は酸性でプラスイオンが多いです。逆に、その内側の顆粒層はアルカリ性マイナスイオンが多いです。この2つは、反発しあい、角質層と顆粒層の間に電気の膜があります。この電気の膜が美容成分の浸透を妨げ、角質層より奥に届きません。

 

f:id:maemukiworld:20161114131059j:plain


イオン導入器で肌に電流を流すと角質層と顆粒層が中性に傾きます。反発しあう力が弱まり、美容成分の浸透を妨げていた電気の膜の働きも低くなって、肌の奥まで届くのです。一方、ビタミンC誘導体はマイナスイオインを帯びています。


プラス同士とマイナス同士は反発し合うので、イオン導入器でマイナスの電流を流すと反発したビタミンC誘導体が肌の奥まで押し込まれます。このように、角質層と顆粒層を中性に導き、ビタミンC誘導体を反発させることで、肌の奥へ浸透させると言う、2段階で肌に働きかけるのがイオン導入器です。


イオン導入器を使うと、手やコットンでスキンケア化粧品を肌につけるよりも数十倍高い浸透力になります。


イオン導入が評価され、話題になる理由は、薬物を体内に浸透させる方法として注射器を使わなくて良いと言う点にあります。それだけ、人間への負担んがより少なくなるということで、近年、さらに研究も進められています。

具体的には、歯科では、局所麻酔の為に用いられたりする他、糖尿病治療剤、鎮静剤などのイオン導入の研究も進めらるほど注目されている方法のひとつです。

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線に効くイオン導入美顔器とは

f:id:maemukiworld:20161114131245p:plain


イオン導入美顔器は、微弱な電流を流すことで、水溶液の成分をイオン化させて肌の奥に浸透させてくれるものというのがわかりましたよね。肌は表皮と真皮の2種類に分けられますが、顔のたるみに影響を与えるのは真皮の方で、真皮がたるんでしまうことで、顔のたるみが生じます。


真皮の75%はコラーゲンとエストロゲンによって構成されています。これらは、加齢によって減少してしまう成分のため、減少が進むと、顔のたるみを引き起こしてしまいます。そこで、イオン導入美顔器を使うと、マイナスの力を持つビタミンC誘導体を肌に塗って、そこにマイナス電流を流すことでビタミンC誘導体の効果を肌の奥の方、つまり真皮に届けることができます。


このビタミンC誘導体はコラーゲンの生成などを促す働きがあります。肌にとって悪影響を与える活性酸素の働きを阻害し除去する働きがあります。顔のたるみによるシワ、ほうれい線を改善させてくれるのです。


つまり、、美容成分を肌の奥底まで浸透させて、その成分の力を最大限発揮させる補助効果をイオン導入美顔器は行ってくれることになります。また、マイナスの電流だけでなく、プラス電流を利用したお手入れができることもイオン導入美顔器の特徴でもあります。

肌に微弱なプラス電流を流すことで、皮膚角質層にあるプラスイオンが強化されます。その結果、体内のメラニンや不要な代謝物質などがプラスイオンに吸着し排除される効果があります。更に、イオンのマッサージ効果によって、肌の血行がよくなり新陳代謝が促進されるという効果もあります。肌の新陳代謝が良くなることで顔のたるみによるシワ、ほうれい線に効果が期待できます。

 

使用頻度としては、毎日使うと言うより、週に1回~2回程度で充分に効果を発揮しますので、週末のスペシャルケアとして使用すると良いでしょう。使用する化粧品は、ビタミンC誘導体が含まれているものやそれ以外にはマイナスイオンの力があって肌に浸透させることができる成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線に効果があるイオン導入美顔器の使っちゃいけない時


イオン導入って顔のたるみによるシワ、ほうれい線に効果がありそうなことはわかりましたが、いつでも誰でも使って大丈夫なのでしょうか?


イオン導入ってそもそも皮膚に電流を流すことで刺激を感じる場合、問題が生じることが多いです。その為、一か所に長時間イオン導入を続けると、水の電気分解によりマイナス側の電極の付近が強くアルカリ性に変化してくれるため危険性も増します。薬剤自体導入時間が短くて済むような研究も進んでいます。


▼妊娠中の方

イオン導入で流れた電気が退治に影響を与える可能性も否定できないため、妊娠中の方は、イオン導入を行えません。イオン導入の電流は皮膚の浅い部分しか通りませんので、理論上は胎児に影響を与えないと考えることができますが、その可否は実証されたことが無いため避けることが賢明です。


▼心臓ペースメーカーをしようしている方

イオン導入の電気が、ペースメーカーの機能波に影響を与える可能性があるため、避けたほうがよいとされています。


▼一部の美容外科手術をされている方

皮膚をリフトアップする為、「金の糸」などはイオン導入で流れた電気がそれに集中してしまい、ヤケドのような状態を引き起こす可能性があります。その為、このような異物が肌内に存在している場合にイオン導入を行うことは、大変危険です。


▼肌が不調なときはイオン導入を避ける

肌の調子が悪い時などにイオン導入を行うと肌が過敏に反応したり、肌の状態が更に悪化してしまうことがあるので避けた方がよいです。

例えば、重度のニキビが化膿して出血しているなどの場合は、イオン導入を行うことで、刺激を与えてしまう可能性があります。海水浴や山登りなどで急激に日焼けした場合なども肌は刺激を受けやすくなっているためイオン導入は避けた方が良いです。肌の調子が落ち着いた頃にイオン導入を行うことで、ニキビ跡を回避したり、日焼け後の回避につながるので、時期を待って行うようにしましょう