顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみによるシワ、ほうれい線の解消は、洗顔石鹸選びから始まる


40代に入ると急に、心や体の調子がダイレクトに肌へ現れてしまうのを感じませんか?まだ、40代になっていない方は、気を付けて下さい。急に感じることがあります。日課の一つとして何気なく行っている洗顔ですが、実は、新しい細胞が作られるターンオーバーを考えると洗顔ってとても大切なんです。少し、自分の洗顔を見直して、顔のたるみ解消を目指しましょう。

 

顔のたるみによるシワ、ほうれい線を作ってしまうターンオーバー

 

f:id:maemukiworld:20161127194138j:plain

 

ターンオーバとは、肌が生まれ変わって古い角質と新しい角質が交代することです。簡単に言うと肌の新陳代謝のことでしたよね。肌は、上から表皮、真皮、皮下組織から成りますが、この皮下組織では新しい肌が日々生み出され続けています。


皮下組織で肌が生み出され続けることで、新たな皮膚はどんどん上の層に上がっていき、表皮として目に見える部分に現れるのです。私たちは、加齢とともに筋肉量が減り、それに伴って新陳代謝が落ちていきますが、ターンオーバーも新陳代謝ですから、ターンオーバーのペースは当然落ちてしまいます。


肌の細胞が全て入れ替わるまでの正常な周期は、およそ28日間ですが、30代や40代になると45日間まで肌の入れ替わりの期間が広がってしまうことがあります。従って、いつでも古い肌細胞が顔の表面に滞ってしまうこととなるのです。


ターンオーバーについては、以下の記事でも少しとりあげました。参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com


 

 

顔のたるみ解消の為に洗顔でターンオーバーを促進させる


滞ってしまったターンオーバーをコントロールすることができる方法として、洗顔があります。肌は、乾燥を感じた時に皮脂を分泌することで自らを「潤す」ことはできますが、「洗う」ということはできません。もちろん、表皮に溜まった角質は、放置していてもいくらかは剥がれ落ちます。


しかし、必要ない角質は全てクリアにすることは難しく、余分な角質が積み重なれば、皮膚が硬くなってごわつきの原因になったり、古い角質が幾重にもなることで、黒ずみやくすみとして肌に現れます。その為、古くなった角質を洗顔で落とすことが必要になるのです。古い角質を洗顔で落とし、新しい肌細胞を表面にだしてあげることで皮膚の生まれ変わりを助けることができるのです。

 

 

顔のたるみ解消には洗顔石鹸がおすすめ

 

f:id:maemukiworld:20161127194859j:plain


洗顔をするための洗顔料は主に2つの種類に分けられます。洗顔石鹸と洗顔フォームです。それぞれにメリットやデメリットがありますが、肌年齢のことを考え、少しでも、顔のたるみを解消したいと思うならば、洗顔石鹸がおすすめなのです。

 


洗顔石鹸と洗顔フォームの大きな違いは、洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれていることが圧倒的に多いということです。界面活性剤については、以下の記事も参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

合成界面活性剤とは、化学的に合成された、油分を分解しやすい成分のことで、水と油のように本来混じり合うことのないものを混ざりやすくし、洗浄力を高める働きがあります。洗浄力が高い為、肌に必要な油分や角質まで取り除いてしまいます。その為に、洗顔後は、乾燥やそれに伴うツッパリを感じやすくなるのです。

 


洗顔石鹸にも界面活性剤は含まれていますが、その成分は、人工的なものではなく、植物や動物に由来する天然成分であることがほとんどです。合成界面活性剤と比べると、肌にかかる負担が少なく、角質や油分をすべて取り去ることがないので、肌にとって必要なものは、適度に残してくれます。また、天然の保湿成分が肌を守ってくれるので洗い上がりがしっとりするのです。


洗顔石鹸には、汚れを吸着しながらもしっかり保湿してくれる泥や肌への負担が少ない食物エキス、潤い成分のある蜂蜜などが配合されたものが多く、加齢による乾燥を防ぐ対策としては効果があり、それによって、顔のたるみ解消にもつながっていきます。


保湿は、肌年齢には、欠かすことのできない大切な要素です。皮膚の表面や細胞にしっかりと水分がると、内側からふっくらと膨らんだような肌質になり、しわや毛穴の開き、ほうれい線も目立たなくなります。乾燥している人としっかりと潤いがある人の肌年齢を比べたという実験では、肌に潤いがある人の方が10歳以上も若く判定されたという例もあるほどです。


刺激や乾燥は、シミやしわなどの老化現象を進めてしまう原因となります。汚れを取り去ってくれるだけでなく、必要な潤いはしっかりのこしてくれる肌に優しい洗顔石鹸は、顔のたるみ解消には欠かせないアイテムのひとつです。

 

顔のたるみ解消のアイテムの一つ洗顔石鹸の選び方

 

f:id:maemukiworld:20161127195219j:plain

 

洗顔石鹸に含まれる界面活性剤は天然で、肌にかかる負担が少ないことを伝えましたが、中には、肌に負担のかかる合成界面活性剤が含まれている場合があります。洗顔石鹸を選ぶときは、まず、手に取り、含まれている成分をしっかりと確認することが大切です。


合成界面活性剤の代表的名ものが、ラウリル硫酸Naやラウリル硫酸アモニウムです。また、~硫酸、~スルホン酸と書いてある物は、合成界面活性剤の可能性が高いです。参考にして下さい。


肌に負担がかかり続けると、皮膚がもともと持っている外部の刺激から肌を守ろうとすバリア機能が崩れてしまう可能性があり、無防備になった肌にさらに刺激を加え続けることで、皮脂の分泌過剰、乾燥、シワなどの肌老化を引き起こしてしまう原因になりますので、成分チェックはとても大切です。

 

f:id:maemukiworld:20161127223547j:plain


洗顔石鹸には、その含まれている成分によって、どの肌タイプに向いているかがわかります。保湿性の高いオリーブオイルや米ぬかが含まれていれば乾燥肌向きです。オリーブオイルや米ぬかにはオレイン酸が豊富ですが、オレイン酸は実は、私たちの皮脂にも含まれており、肌に潤いを与えるための重要な成分です。乾燥肌の人は、皮脂の中のオレイン酸が不足していると言われています。


一方、脂性肌の人は、皮膚上にオレイン酸が既に豊富なため、新たに補う必要が少なく、また、オレイン酸が過剰となってしまうとニキビや吹き出物の原因となるので、オリーブオイルや米ぬかなどが含まれている洗顔石鹸は、おすすめできません。脂性肌の人に合う洗顔石鹸は、パーム油や牛脂が含まれた洗顔石鹸です。

 

f:id:maemukiworld:20161127223614j:plain


パーム油や牛脂が含まれた洗顔石鹸は、皮脂をきれいに取り除いてくれる効果があるので、皮膚の脂分が多いことによって起きるニキビや毛穴の詰まりなどのトラブルでお悩みの方に向いています。どの脂質タイプの人にも向いているのが、クレイタイプです。


泥の成分が皮脂汚れを吸着し、汚れを取り除いてくれる効果があります。また、泥は、パックにも使われるように、適度に保湿成分があるのが特徴です。ただ、比較的洗浄力の高いタイプなので、乾燥肌の人は、毎日使うと皮膚が乾燥してしまうこともあるので、頻繁に使うことは、おすすめできません。


このように、脂性肌の方と乾燥肌の方とでは、使われている成分に気を付けて使用しないと、更に肌トラブルを引き起こしてしまう原因になってしまします。しっかりチェックして購入を考えましょう。