読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみに効果的、脂肪溶解注射って何?安全なの?

顔のたるみ改善と注射

以前、顔のたるみ即効解消法の一つとして、クリニックでの注射、注入治療についてお話しました。以下の記事になります。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com


 

そこでは、脂肪溶解注射については、触れていなかったので、今回その脂肪溶解注射についてお話しようと思い記事にしました。

 

顔のたるみ解消に効果的、脂肪溶解注射とは?

 

f:id:maemukiworld:20161219021357j:plain

 

脂肪溶解注射とは、脂肪組織を細胞レベルで分解して脂肪を手軽に減少させる効果的な治療法です。中でも、顔のたるみに適しているのが脂肪溶解注射BNLS」です。痩せたい部分にピンポイントに注入して(部分やせ)できる点が、適する理由の一つです。

 


効果が強いものほどダウンタイムがい多い傾向にありますが、この「脂肪溶解注射BNLS」は、痛みやダウンタイムが少ないのが特徴です。その為、デリケートで内出血が起きやすく見られる部位である顔などには、向いているのです。薬剤には、植物由来のメディカルハーブをバランス良く配合されていて、安全性が高いと言われています。

 


人の持つ脂肪細胞の数は、ダイエットでは減らせず、サイズを小さくできるだけです。一時的なダイエット効果の場合には、元に戻そうとする反動が起きる可能性が高く、リバウンドの問題が発生しやすい状況になってしまいます。これに対し「脂肪溶解注射BNLS」は、脂肪細胞の絶対数を減らすため、確かなサイズダウンとリバウンドしにくい(顔やせ)効果が期待できます。

 


7種類の植物由来成分を配合した薬剤は、脂肪溶解とともに血流やリンパの流れを促進し、溶かした脂肪を効率的に体外に排出します。その為、より短期間で脂肪減少効果を実感でき、さらに引き締め作用によって肌のハリがアップする効果も期待できます。

 

 

顔のたるみ解消に効果的な脂肪溶解注射はどんな方におすすめなのか?

 

f:id:maemukiworld:20161216214546j:plain

 

 

脂肪溶解注射BNLSは、脂肪の分解を促す注射であるため、脂肪量が少ない皮膚のたるみ「いわゆるコケ顔」の方には適用できません。老化とともに、筋肉が衰えて、皮膚や脂肪が全体的にズリ落ちているような症状の方に大変効果があるようです。

 


脂肪が蓄積されやすい部位構造から「ブルドック顔」や「フェイスラインのたるみ」、「二重あご」などが気になっている方にはおすすめのようです。

 


脂肪溶解注射BNLは、比較的安全な治療法と言われていますが、副作用などは、ゼロとは言えないようです。日本で使用されるようになってからの歴史は浅く、注意点や課題もあるようです。施術を受ける前には、事前に正しい知識を得たうえで、信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。

 

 

顔のたるみ解消に効果的な脂肪溶解注射の副作用とは

 

 

 

脂肪溶解注射の成分

薬剤の主な成分は、大豆由来のフォスファチジルコリンです。もともと脂肪肝の治療などに使われていたもので、副作用の出にくい薬剤だと言われいます。大豆アレルギーの方は使用できませんので、医師へのアレルギー申告などをしっかり行うことが重要になります。

 

 

▼内出血や腫れなどの注入によるリスク・副作用

脂肪溶解注射は脂肪を溶かす成分を注入するために針を刺すので、内出血や腫れが伴う可能性はゼロではありません。注射を接種した後は、チクチクするような痛みが起きる事があります。また、数日から1週間くらいは、腫れや内出血、痛みが現れる可能性もあります。


これらの症状は、1週間くらいで軽減し、自然に消えるものがほとんどです。過剰に神経質になる必要はありませんが、事前にリスク・副作用を理解したうえで納得して施術を受けることをおすすめします。

 


▼薬剤によって痛みや熱感を伴うリスク・副作用

従来の脂肪溶解注射は、薬剤の成分フォスファチジルコリンでできています。フォスファチジルコリンは、不安定な性質があり、安定用の添加物を含ませたものがほとんどです。実は、この添加物がダウンタイムの原因となり、痛みや熱感を発生させてしまうと言われています。上記の成分が多いほど効果は高く、その分ダウンタイムが強く出る傾向にあります。期間は、薬剤にもよりますがおよそ数日から1週間程度言われています。

 


近年は、大豆由来成分以外から作られた「脂肪溶解注射BNLS」などが注目されています。安全性の高い成分で構成されており、血液循環やリンパ循環を促すことで脂肪を減らすのが特徴です。自身の体内機能を上手く利用して脂肪燃焼を促すものである為、個人差が出やすいとも言えます。

 


従来の大豆由来成分のものに比べると、効果的に薄く、回数を重ねる必要があります。ダウンタイムが少なくてすむため、手軽に安心して受けられる利点はあります。

 

 

顔のたるみ解消に効果的な脂肪溶解注射を安全に受けるためのクリニック選び

 

f:id:maemukiworld:20161219022329j:plain

 


脂肪溶解注射で使われる薬の成分や混合比率には、規定がないと言います。その為、担当の医師によって薬の成分や効果が大きく変わってくるということです。事前に取り扱っている成分の確認などが大切になります。

 


クリニックを選ぶ際には、実績はもちろん、真摯な姿勢で対応し、リスクや副作用についてもわかりやすく話をしてくれるところを選んだ方が良いです。注入には、医師の技術が必要です。豊富な知識を持つ医師に打ってもらうことも大事です。

 


顔のたるみに悩んでいる方は、以上の様な事に気を付けて、信頼できるクリニックを探し、相談することをおすすめします。自分が納得できるまでは、何度もカウンセリングを受けて、理解することが大切だと思います。