読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみ、ほうれい線改善に期待、プラセンタ注射の効果と時間

顔のたるみ改善と注射 顔のたるみ改善とプラセンタ

美容と健康の面から様々な効果を期待されているのがよく耳にするプラセンタ注射ですす。元々は、どのような原料でできているのか?体内では、どのような効果をもたらすのか?美容と健康に興味がある方でしたら、知りたい部分ですよね。そんな部分を記事にしてみました。


顔たるみ、ほうれい線に効果のある注射、注入治療は、プラセンタの他にも様々な種類があります。以下の記事も参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に効果のあるプラセンタ注射とは

 

f:id:maemukiworld:20161219213445j:plain

 

医療用プラセンタ注射は、厚生労働省で医薬品として認可されているものです。厚生労働省で承認されているものとして、メルスモンとラエンネックの2つが挙げられます。このプラセンタ注射は、慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療のために保険適応が認められています。しかし、残念ながら、美容目的などでは保険適応の対象外なのです。

 


医療用プラセンタ注射とは、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみを使用して作られたものです。妊娠入院時に、血液検査を繰り返しエイズC型肝炎といった感染症の高い病気がないことを確認した胎盤を使用します。

 


その後、高圧蒸気滅菌を行い無菌試験・動物試験が行われ高い安全性が確保されたものです。プラセンタの成分には、成長因子があります。これは内因性たんぱく質の総称です。細胞の新陳代謝を促し、細胞の増進・促進を促すのもので少量でも十分な効果が期待できます。

 


他には、アミノ酸やビタミン、酵素などが存在し、体内の細胞を作る原料となります。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に効果のあるプラセンタ注射のその他の効果

 

f:id:maemukiworld:20161219213728j:plain

 

 ▼シミ、シワへの効果


一般的に最も知られている効果として、女性の大敵であるシミやシワへの効果です。紫外線を浴びた肌は、表面のハリを保つコラーゲンやエラスチンという物質が破壊されるため、加齢に伴ってシワやたるみができてしまいます。また、表皮のメラニン細胞が活性化するので、シミができるもとにもなります。

 


プラセンタは、アミノ酸や成長因子を含んでいるため、いわゆるターンオーバー(新陳代謝)を促す作用や細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用がある為、紫外線によって受けたダメージを改善する働きがあります。サプリメントによる経口摂取でももちろん効果がありますが、より短期間で効果を得たい場合は、注射が最も早いと言えます。


▼ニキビへの効果


食生活への乱れや不規則な生活、ストレスなどでできたにきび・吹き出物にも、プラセンタの効果があります。ニキビの主な原因は皮脂の分泌過剰や肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れですが、プラセンタはこうした肌トラブルの原因を直接対処し、ニキビや吹き出物ができにくい肌を作ります。

 


また、一度できてしまったニキビに対しても、肌の炎症を沈め、活性酸素を除去する効果があるため、跡になりにくいようサポートします。


▼たるみの改善、弾力アップ


年齢を重ねた肌は、どうしても重力の影響で少しずつたるみが目立ってきてしまいます。特に、頬の周りのお肉がたるみ、ほうれい線がより目立ってしまうのは避けたいことです。たるみの原因は、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンといった成分が加齢とともに減少してしまうからです。こうした悩みも、肌の弾力成分の生成を助けるプラセンタ注射で効果を得ることができます。


▼目の下のクマの改善


疲れや寝不足などが原因でできてしまうのが、目の下のクマです。日常的にできていると、実際より老けて見えてしまいます。クマができる主な原因は、青いクマは血行不良、茶色いクマは色素沈着と言われています。プラセンタ注射すると、こうした原因に働きかけ、悩みの種だったクマの改善に効果があると言われています。


▼健康的な髪の維持


アンチエイジングで考えたいのは、肌の状態だけではありません。つやつやでハリ・コシのある髪は、若く見える大きなポイントです。40代、50代になって「最近髪にハリがない・・・」と感じる方も多いのではないでしょうか。


プラセンタには、髪を美しく保つ効果もあります。プラセンタに含まれるアミノ酸は、髪の健康に欠かせない成分です。プラセンタを注射することで、髪の1本1本に栄養が行き渡り、つやつやとした髪になります。また、プラセンタには、血行を促進する作用があるため、血液を通して髪へその他の栄養が届くのをサポートするのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に効果のあるプラセンタ注射には副作用がある

 

f:id:maemukiworld:20161219021357j:plain

 


▼注射による副作用

医療用プラセンタ注射薬には、皮下注射、筋肉注射、ツボ注射などといった選択肢があります。皮下注射や筋肉注射では、重篤な副作用が起こることはほとんどありませんが、たまに「悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹」などの反応が起こることがあり、この場合は、すぐに投与を中止したほうが良いです。

 


また、注射部位に「疼痛、発赤」などの副作用が起こることもありますが、これらは半日程度で消えることがほとんどです。他にも、プラセンタ注射薬が、「たん白アミノ酸製剤」であるためアレルギー反応が起きたり、閉経後の月経再開がみられることも稀にありますが、すぐに投与を止めれば治ります。

 


一方、静脈注射についてですが、プラセンタ注射薬の静脈注射は投与法として認可されていないということです。臨床や実験の結果「血圧低下、ショック状態、呼吸困難、チアノーゼ、痙攣、ホルモン異常」などの症状が現れたケースがあるようです。

 


更には、静脈に投与してもすぐに体外へ排出されてしまうので効果が期待できません。覚えておくと安心につながると思います。

 


▼カクテル注射の危険性

静脈注射と同様に未認可の投与法で「カクテル注射」というのがあります。「血圧低下、ショック状態、呼吸困難、チアノーゼ、痙攣、ホルモン異常」などに加え、混合させた他の薬剤との相互作用が思わぬ危険を招きかねないのがカクテル注射です。

 


美容クリニックでは、カクテル注射の商品を紹介しているところもあるので、安全性を考えて、注意して治療を選択することが大切です。

 


献血制限の対象

プラセンタの原料は、ヒト由来の臓器である「ヒト胎盤エキス」であることから、プラセンタ注射薬は、「理論的なリスクを否定できない」という観点のもと、プラセンタ注射薬の治療を受けた方は、献血ができなくなります。ただし、内服薬やサプリメント、ドリンク剤は対象には含まれません。「注射薬」のみが献血制限の対象となっています。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に効果的な注射の方法

 


プラセンタ注射薬での治療を行う場合は、初期療法(最初の1ヶ月~2ヶ月)では週に1、2回行い、維持療法では、1、2週間に1回のペースで受けていくことが多いです。1回の治療で即効性を感じることはほとんどなく、ある程度継続して治療を受けプラセンタを体内に長く留め、徐々に効果を得ていくことが効果を実感する為のポイントのようです。

 


プラセンタ注射の治療は、クリニックによっても異なりますが、1回1,000円~2,000くらいでそれほど高額ではなく、お財布に優しい治療法と言えるかもしれません。その為、即効性はなく、何回か通いながら効果が得られる治療法となります。副作用などを理解して、治療法を選択することが大切となります。