読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみに効果あり、脂肪溶解注射は腫れる?期間は?金額は?

顔のたるみ改善と注射

先日、顔のたるみに効果的な、脂肪溶解注射BNLSの治療法についてお話しましたら、更に詳しく知りたい方もいらしたようなので、前回、触れていなかった、金額やダウンタイムの期間などについて、お話しようと思います。


前回の記事は、以下になります。参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



 

顔のたるみに効果的な脂肪溶解注射BNLSの成分と効果

 

f:id:maemukiworld:20161220014505j:plain

 

 

脂肪溶解注射は、気になる箇所に注射することで、その部分の脂肪の溶解と排出を促し、痩身治療を施すことができます。従来の脂肪溶解注射は、施術後の薬剤反応によって、「腫れ」「熱感」「痛み」「違和感」といった症状が現れる「ダウンタイム」が凡そ1~2週間ありました。

 


最近のBNLS注射は、主に植物由来の成分が使用されているため、身体への負担が少なく、「ダウンタイムがない」と感じるほど、症状が軽く、数日間程度とかなり短くなった点で話題になっています。

 


脂肪溶解注射BNLSの成分


●αリノレン酸セイヨウクルミから抽出された成分です。血管を保護し、血流を改善、新陳代謝の促進をしてくれます。


サポニンセイヨウトチノキの種子から抽出された成分です。脂肪の代謝を助け、血液の循環を良くします。


チロシンアミノ酸の一種です。脂肪の代謝を助けます。


●ヒバマタ:海藻から抽出された成分で、ミネラル、コラーゲン、アミノ酸を豊富に含み脂肪の分解を助け、新陳代謝を促進してくれます。


オキナグサアネモア由来の成分です。抗炎症作用があり、肌の再生を促進します。


●カラクサケマン:ケシ科の植物です。抗炎症作用があり、肌の再生を促します。

 


以上が、脂肪溶解注射BNLSの成分になります。これらの成分の相互作用により、脂肪溶解の促進、浮腫緩和、血流改善、抗炎症作用などの充分な効果が得られます。

 

 

顔のたるみ改善に脂肪溶解注射BNLSの効果を最大限に得るためには

 


脂肪溶解注射BNLSの効果は、注射直後からその部位の脂肪細胞に現れ始めるといいます。しかし、脂肪が溶けて流れ出てゆくのに時間がかかります。脂肪が徐々に減っていくので、毎日見ていると分からない、気づかないことが多く、効果を感じられないという方もいます。しかしその後、施術前の写真と比べてやはり効果があったという方が多いみたいです。それだけゆっくりと体に負担をかけずに効果を得ることができるということです。

 


脂肪溶解注射BNLSの効果を最大限に得る為には、施術翌日から三日間がひとつの山場になると言われています。この期間にBNLSで溶けた脂肪をいかに効率よく身体の外に出すか、それにより効果の実感が早まるようです。

 

 

f:id:maemukiworld:20161220014851j:plain

 

 

最も効果的なのが、ウォーキングやエアロバイクなどの「有酸素運動です。これはBNLSで溶けた脂肪を燃焼し減少させる効果があります。ただし、一時間以上継続しなければ効果が薄いと言われています。次に、施術部位の「マッサージ」です。これは、軽く揉むようなイメージで行うことで薬液が均等に広がり、また溶けた脂肪がリンパにのって排出されやすくなります。

 

 

顔のたるみに効果的な脂肪溶解注射BNLSの金額

 

 

f:id:maemukiworld:20161106142946j:plain



美容クリニックでの治療費はとても高いイメージがありますよね。少し前までは、美容整形と言えば、「メスを入れる」「高額な手術」というののが当たり前でしたが、最近は、「二重埋没法」「ヒアルロン酸注射」といったメスを入れない手軽で安全な美容治療法が次々と生まれています。

 


脂肪溶解注射BNLSはまさにその最先端の美容治療法といえます。こうした治療は、身体にメスを入れない分、術後のダウンタイムが短く、料金も一箇所あたり1~2万円程で受けることができます。

 


クリニックによっては、注射を複数本打つことで一本あたりの単価が安くなったり、「初回のみ何本でも6000円」や「初回一本のみお試し4500円」などのキャンペーンで金額を設定しているところもあるので、希望の本数と予算は十分に考慮して判断することが大切です。

 


あまりに値段が安い場合には、BNLSの薬液にステロイドを入れて、低コスト化を計ったりしてる場合があるようなので、薬液の成分を事前に調べたり、低コスト化の傾向のないクリニックを選ぶことが大切です。

 


顔のたるみに効果的あ脂肪溶解注射はどのくらいダウンタイムが続くの?

 

f:id:maemukiworld:20161218013748j:plain

 


美容整形におけるダウンタイムとは、美容手術・治療の麻酔やその他薬剤反応による腫れや浮腫み、内出血、痣などができやすく、場合によっては日常活動が制限される期間のことをさします。このダウンタイムを考慮しないまま美容クリニックの予約を入れてしまうと、その後のスケジュールが上手く回らず、滞ってしまうことになりますので注意が必要です。

 


どんな施術においてもダウンタイムは必ずあると考えておくと良いかもしれません。ただ、人によって「全くなかった」と感じるほどに症状が軽かったり時間が短いような場合もあります。

 


脂肪溶解注射BNLSのダウンタイムは、ネットなどで検索すると、「ほとんどなかった」という方が多い様です。クリニックのサイトを覗いてみても、「腫れや痛みを感じなかった」「腫れは2~3日程で治まった」などと言う患者さんの紹介が多いです。

 


ずっとあった脂肪がなくなっていくわけですから、何らかの違和感や痛みなどはあるだろうと思いますが、あまり感じた方がいらっしゃらないということは、それだけ従来のものよりBNLSが身体に負担をかけないということなのだと思います。

 


ダウンタイムは、痛みに強い人、弱い人、敏感な人、そうでない人など、かなり個人差があることなので、ダウンタイムを心配される方は長めに重めに予定しておいたほうがその後のスケジュールもスムーズに進むかもしれません。目安としては一週間くらいを考えると良いかもしれません。