顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみ、ほうれい線とコラーゲンの関係、効果的摂取法

コラーゲンは、皮膚の真皮、腱、軟骨や骨、髪などに含まれるタンパク質で、人間の体のおよそ30%を占めるほどの大切な成分です。コラーゲンは、弾力のある皮膚を支えたり、筋肉を動かす時、骨が衝撃を受けないようにするなど、大切な働きをしています。

 


コラーゲンが不足すると、関節の痛みが生じたり、骨の衰えなどが引き起こされたりします。そんなコラーゲンは、加齢とともに進んでしまう顔のたるみ、ほうれい線とどんな関係があり、どうしたら効率良く摂取できるのかについて記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線とコラーゲンの関係

f:id:maemukiworld:20161225011239j:plain

 


コラーゲンは、人間の体をつくるたんぱく質の約3分の1を占めています。真皮や腱、軟骨などの結合組織の主成分で、体の中のほとんどの部位に存在しています。肌にとっては、弾力などに関与する成分で、表皮の下の真皮層で、バネのような働きをして真皮層を支えています。

 


ところが、25歳以降、コラーゲンは加齢とともに劣化し、減少していってしまいます。加齢とともにコラーゲンが減少することで、ターンオーバーが滞って質が悪くなり、肌の弾力性も衰えてしまいます。更に、表皮の厚みも若い肌の約半分に減ってしまいます。重力も影響して、結果的に顔のたるみ、ほうれい線ができてしまいます。

 


コラーゲンは、古いものを分解して、新しいものにつくり変えながら、肌の健康を保っています。皮膚の厚さは、男性は、加齢とともに徐々に減少して、女性は60歳でさらにガクッと減ってしまうらしいです。

 


コラーゲンを効率よく生成するためにコラーゲンマシンが話題になっています。以下の記事も参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com


 

顔のたるみ、ほうれい線に影響を与えるコラーゲンの性質

f:id:maemukiworld:20161225160432j:plain

 

コラーゲンは、分子量が大きく、体内に吸収されにくいため表皮から真皮まで届きにくい性質があります。経口摂取しても消化器官からは各臓器や軟骨や骨に分配されるために皮膚には届きにくいのです。たんぱく質アミノ酸)がコラーゲンたんぱくになる為には、ビタミンCが不可欠です。合成時には鉄も必要だと言われています。

 


コラーゲンが胃に到達すると、ペプシンという酵素によって分解され、「オリゴペプチド」に変わります。その後小腸に移動して、トリプトキシンやキモトリプトシンと言う酵素でさらに分解されて、最も小さな単位の「アミノ酸となります。小腸で吸収されたアミノ酸は、血流によって肝臓や心臓など、身体全体へと送り届けられます。

 


上記のように、コラーゲンを摂取することは、体内のコラーゲンを作る為に必要な成分を送りこんでいるということなのです。しかし、摂りいれた成分全てが、コラーゲンの素になるとは限りません。分解が不十分だったり、合成するために必要な材料が不足したりしている状態では、使われないまま排出されることもあるのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善の為に効果的にコラーゲンを摂取する方法

 

 

コラーゲンを摂取すると、コラーゲンは、小腸で分解され、成分を必要としているところへ送りこまれます。小腸のコンディションが良くなければ、コラーゲンを摂取してもその効果は発揮されません。ですから、小腸のメンテナンスも大事になってきます。腸内の消化酵素をサポートするのも良いことだと思います。

 

f:id:maemukiworld:20161225161015j:plain

 


また、コラーゲンが肌への効果に影響を与える量は、1日5g~10gと言われています。コラーゲンをただ摂取しただけでは、効率良く効果を得ることは難しいと言われています。コラーゲンの合成をサポートしてくれるビタミンCはとても大切な成分ですので、一緒に摂取することをおすすめします。

 


必須アミノ酸でありながら体内では作られないトリプトファンを含んでいる魚や卵なども一緒に摂ることもポイントとなります。

 


肌の真皮層では、エラスチンがコラーゲンを繋いでくれています。エラスチンの摂取は更に美肌効果が期待できますが、エラスチンは、豚の血管やカツオの心臓などに含まれ、日常的に食べることが難しいため、サプリメントなどでの摂取がおすすめとなります。

 

f:id:maemukiworld:20161225160852j:plain

 


一方、糖分の摂りすぎにより「糖化」といってコラーゲンを変性させ、ハリや弾力を失わせてしまう可能性があります。揚げ物や甘いものの摂りすぎには注意が必要です。

 

糖化については、以下の記事でも触れています。参考にして下さい。

たるみ、ほうれい線予防と抗糖化ケア カテゴリーの記事一覧 - 顔たるみ、ほうれい線予防!姿勢、寝相、食事習慣を改善

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善効果がある体内のコラーゲンのメカニズム

 

f:id:maemukiworld:20161225161540j:plain

 

少し前まで、コラーゲンをサプリなどで摂取しても、消化酵素アミノ酸に分解されるので、体内でコラーゲンだけが特に増えるわけがないと言われていました。しかし、最近の研究で摂取したコラーゲンが体内で吸収されることがわかる目印を発見したらしいのです。更に、コラーゲンが体内で働くメカニズムも解明されつつあります。

 


その目印というのが、プロリルヒドロキシプロリンという、アミノ酸が2つにつながったペプチドです。プロリルヒドロキシプロリンは、コラーゲン特有のペプチドで、コラーゲンを摂取する血中に特異的に増えることがわかったと言います。血中にコラーゲンが増えたメカニズムは、体内で作られる量が増加したのではなく、摂取したものの一部が分解されてペプチドになり、体内に吸収されたものと考えられます。

 


このペプチドは、肌のコラーゲンをつくる材料として直接使われるのかというと、どうやらそうではない様で、コラーゲンペプチドは、線維芽細胞を増やすことで、間接的にコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの産生を促していることがわかったようです。つまり、たるまない肌、シワのない肌に必要な材料を作る線維芽細胞に、このペプチドが刺激を与えることが、顔のたるみ、ほうれい線に効果があるということになります。