顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみ、ほうれい線改善効果にプラセンタ成長因子がスゴイ

プラセンタと言うと、「若返りエキス」というイメージが定着しつつあります。美容面からも健康面からも関心度が高まり、サプリメントや化粧品などの製品も多く販売されるようになっています。以前、プラセンタ注射についてお話した時には、スゴイ関心のある方が多くて驚きました。


そこで、プラセンタの何がすごくて、なぜ美容に効果があるのかと言う点を記事にしました。以前の記事は以下になります。参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善に効果があるプラセンタに含まれる成長因子とは

 

 

以前のブログでもお話しましたが、プラセンタと言うのは、哺乳類の胎盤のことです。つまり、生命を育む源が原料というわけです。たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルといった生命を育み育てるために必要な栄養素がすべて含まれています。また、プラセンタにしか含まれていないのが「成長因子(グロースファクター)=GF」だと言われています。

 


プラセンタにこの成長因子が含まれていることが、コラーゲン、ヒアルロン酸、レスベラトール、高麗人参、マカと言った他の成分と一線を画すプラセンタならではの最大の特徴と言えます。

 

 

成長因子とは、「細胞分裂を活発にし、細胞を臓器へと作り変えていく働き」をしてくれるものです。身体の中に摂りこまれると全身の細胞の新陳代謝が促されて、代謝の向上、体質の改善、組織や機能の若返りといった効果が期待できます。

 

 

f:id:maemukiworld:20161226180559j:plain

 


成長因子には、細胞の増殖や分化、修復や再生を促進する作用があり、老化現象を強く元に引き戻してくれるパワーがあります。EGF、FGF、HGFなどいろいろな種類があり、それぞれ固有の役割を持ち、互いの成長因子の働きを補って、細胞分裂のきっかけとなる刺激を与えてくれます。

 


HGF(肝細胞増殖因子)などは、再生・修復力の高さから再生医療の分野でも注目されているものです。こうした、成長因子は、実は、体内で作られているものでもあるのですが、10歳頃から減少しはじめて、20歳を過ぎると急激に減少します。

 


30歳を過ぎるころになると、活性酸素から細胞を守るSOD酵素が減少してきてしまうこともあって、活性酸素による細胞内のDNAへのダメージが深刻になってくるため、さらに成長因子の生成量が低下してきます。

 


肌のターンオーバーが乱れ始めたり、皮膚の傷痕が治りにくかったり、抜け毛が多くなったり、肌のハリがなくなってくるといったことも成長因子の生産量が減ってきてしまうことが影響しているということです。

 

 

f:id:maemukiworld:20161226181939j:plain

 


この成長因子で、顔のたるみ、ほうれい線の改善に効果があると言われているのが、線維芽細胞増殖因子(FGF)です。線維芽細胞増殖因子は、線維芽細胞の細胞分裂を活発にして肌の弾力を保つのに必要な、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす働きをします。

 


プラセンタを摂取することで、肌に良い三大成分の産生をまとめて増やすことが可能になるっていうところがとてもスゴイことなんです!

 


新陳代謝が鈍くなり、古くなった細胞が新しい細胞へと生まれ変わらなければ、当然、見た目も、機能的にも細胞は老化して衰えていきます。プラセンタは、そうした老化サインが見えだした肌や身体の細胞が活性化して、身体の機能や見た目の若さの維持を強力にサポートしてくれるのです。

 


コラーゲン、コエンザイムQ10、グルコサミン、ビタミン、ミネラル、大豆イソフラボンなど、年齢とともに減少し、補った方が良いと言われる栄養成分が数多くあります。こうした成分は、いずれも普段の食事から摂取しようと思えばできるものです。サプリメントから摂取する人もいるでしょうね。

 


それに比べて自然界の中で、この成長因子(細胞増殖因子)を含有しているのはプラセンタ(胎盤)だけなのです。つまり、プラセンタを摂取することでしか得られない効果があると言うことなのです。

 

 

顔たるみ、ほうれい線改善効果を狙うプラセンタの摂取法

 

f:id:maemukiworld:20161219021357j:plain

 

 

顔のたるみ、ほうれい線の改善を狙ってプラセンタを摂取しようと考えた場合、方法はいくつかあります。それは、プラセンタ配合の化粧品を使うとか、ドリンクやサプリメントから摂取する方法、プラセンタ注射と言う方法が考えられます。


プラセンタ注射については、以下の記事を参考にして下さい。


顔のたるみ、ほうれい線改善に期待、プラセンタ注射の効果と時間

 

 

▼化粧品からの摂取


美容液などの化粧品にプラセンタエキスとして配合されている商品が良くありますが、最近では洗顔料やメイク化粧品に配合されているものも見かけます。肌に直接塗ることで、保湿効果が期待できます。その他にも、抗酸化作用によって活性酸素を抑えたり、肌のターンオーバーを整えたり、炎症を抑えたりといった効果からアンチエイジングだけでなく、美白、ニキビケアとしても効果が期待できます。

 

▼ドリンク、サプリメントから摂取


プラセンタを経口摂取することで、顔のたるみほうれい線の改善、肌の弾力のアップなどの効果があります。口から摂取することで、肌だけでなく、髪の毛や全身にも効果が期待できます。


ドリンクタイプで摂取する場合には、成分が薄まっているものや糖分が多いものがあったり、値段が高くなる傾向があります。また、ドリンクの場合は、プラセンタの配合が、ドリンクエキス換算である為、正確な配合量がわからないことがほとんどです。その為、サプリメントからの摂取の方がおすすめかもしれません。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善を狙ってのプラセンタを摂取する場合の選び方

 

 

f:id:maemukiworld:20161226181341j:plain

 

 


プラセンタと言ってもその原料は、「馬」「豚」「羊」「ヒト」「植物由来」があります。この5種類のプラセンタですが、コスメやサプリメント、美容ドリンクなどには、「馬、豚、羊、植物由来」のものが使用され、医療機関でのプラセンタ注射でのみヒト由来のプラセンタが使用されています。

 


コスメやサプリメント、美容ドリンクで注意する点は、成長因子が入っているかどうかです。もちろん哺乳類の動物には胎盤があるので動物性のプラセンタは、成長因子があると考えて大丈夫ですが、植物由来のプラセンタや魚の卵巣由来の海洋性プラセンタなどは、成長因子が含まれていません。その点が、効果の点でも大きく違ってくるポイントになります。

 


動物性由来のプラセンタの中で、特に栄養素が豊富で注目されているのが馬由来のプラセンタです。ある試験では、馬プラセンタに含まれるアミノ酸の量が豚由来のものの296倍となるという結果が出ているそうです。

 


コラーゲンの合成を促進させて顔のたるみ、ほうれい線を改善するためには、コラーゲンを直接摂るよりもアミノ酸をいかに摂取するかが重要になります。特に、競走馬であるサラブレッドが使われているものが、比較的高価ですが、安全性が高くより効果が期待できるとされています。