顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみ、ほうれい線改善に驚きのライスパワー№11コーセーとは

お米は、ビタミン・ミネラル・カルシウム・たんぱく質など数多くの栄養を含んでいます。私たち日本人にとって、最も馴染みの深い食品です。 古くから日本人は、お米のとぎ汁で顔を洗ったり、米ぬかをお風呂に入れて天然の入浴剤として楽しんだりと、「美容」にもお米を活用してきた歴史があります。

 


実は、お米には、美肌効果がたくさんあるのです。この頃は、その効果に関心が集まっています。特に、ライスパワー№11とは、スゴイ効果を持つ成分の様です。その、ライスパワーについて記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善効果が期待されるライスパワー№11とは

 

f:id:maemukiworld:20170124014505j:plain

 

 

お米系スキンケアの主成分として話題になっているのが、「ライスパワーNo.11」です。 ライスパワーNo.11は、日本酒をつくる「発酵」の過程で、偶然発見された成分の様です。材料は、もちろん国産白米100%でできています。

 

 

白米を蒸した後に、丁寧に抽出されます。90日間の発酵・熟成の違いで出来た数限りないエキスの中から最も「保湿効果」に優れたものをスクリーニング抽出するということです。 お米特有の「保湿効果」をそのまま生かした成分となるわけです。

 


以前、米ぬかや米胚芽から抽出される米セラミドについて紹介したことがありました。しかし、セラミドとライスパワーは全く別物なので、米セラミドに興味がある方は、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善に利用したいライスパワー№11の効果とは

 

 

f:id:maemukiworld:20170124014712j:plain

 

 

ライスパワーエキスには、皮膚や胃がもともと持っている力を引き出し、身体機能そのものを改善・健全化していく力があります。お米と微生物の組み合わせ方によってその効果は異なり、効果が確認されたものにはNo.がつけられます。 今のところ11個のライスパワーエキスの効果が確認できているようです。

 

 

その中でも「ライスパワー No.11」は、肌が水分を保つ力を改善する「水分保持能改善」効果が認められています。 医薬部外品の効能として「皮膚水分保持能の改善」を認可された唯一の素材です。

 

 

水分保持能とは、すべての人が生まれながらに備えもつ生体機能のひとつです。この水分保持能が低下すると、細胞同士を結び付けているセラミドが減少することによりバリア機能が低下しハリや弾力が失われ、肌が少しずつ衰え始めます。

 


ライスパワーNo.11には、肌の内側からセラミドを増大させ、肌が水分を保つ力を改善する「水分保持能改善」効果が認められています。医薬部外品の効能として「皮膚水分保持能の改善」を認可された唯一の素材なのです。

 

f:id:maemukiworld:20170124014819j:plain

 

 

▼「保湿」と「水分保持能の改善」のちがい


一般的なスキンケアとして良く知られているのが「保湿対策」です。 お手入れ後、肌の水分量が豊富に存在しているように感じても、実際は一時的にしっとりとしているだけの状態です。 その場合、効果は洗い流すとなくなってしまいます。 つまり肌そのものの力まで働きかけることができていないのです。

 


本当に美しい肌を作るためには、肌そのものが水分をキープする力である水分保持能の「改善」が必要です。この水分保持能という、肌そのものの力を根本から改善するという新しい発想の「改善」スキンケアがライスパワー№11には実現可能なのです。

 

 

▼ライスパワー№11によって改善が期待される肌トラブル

 

 

f:id:maemukiworld:20170124015133j:plain

 

 

●シワ改善効果

シワは、表情筋の低下や乾燥、加齢によるコラーゲン量の減少などの原因から生じてしまいます。 ライスパワーNo11は、肌の保湿を担うセラミドの生成をサポートする作用があるので、シワを内側から改善することが可能です。

 

 

ライスパワー№11を摂ることにより、セラミドの生成を助け、肌本来が持つ保湿能力の維持や回復を実現させてくれる効果が期待できます。

 

 

●たるみ改善効果

若く健康な真皮の中には、美肌に大切な成分であるコラーゲンやエラスチン豊富に詰まっていて、肌にハリや弾力を与えています。ところが、加齢や紫外線によるダメージによってこれらの成分が徐々に減少することで、真皮層は内側から持ち上げる力が低下して、肌はハリや弾力を失ってしまうのです。自らの重みを支えることが出来なくなり、下に垂れ下がってしまう状態が「顔のたるみ」のはじまりです。

 

 

ライスパワー№11で肌表面の潤いを保つことで、バリア機能を強化し、真皮を紫外線ダメージから守り、たるみ改善効果が期待できます。

 

 

アトピーや肌のかさつき改善効果

セラミドの生成量を増やすライスパワー№11は、特にアトピーや加齢などでセラミドが減少した乾燥肌の方にお勧めの成分です。

 

 

セラミドは加齢によって減少しますが、アトピー肌など生まれつきセラミドの生成量が少ない人もいます。このようなセラミド不足の肌には、一時的な保湿ではケアが追いつかないことがあります。そこで、角質層の水分保持機能そのものにアプローチする事が効果的なケアとなります。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善にライスパワー№11配合のコーセー「ONE BY KOSE薬用保湿美容液」がスゴイ

 

f:id:maemukiworld:20170124015242j:plain

 

 

コーセーのONE BY KOSE薬用保湿美容液は、今のところ、日本でただ一つの潤い改善美容液として最近、販売され話題になっている美容液です。肌の水分保持能を改善するライスパワー№11とそれをサポートするアクティライズ酵母エキスが配合されている美容液です。

 

コーセーのコスメデコルテからは、昨年、「iP.Shot」が販売されています。こちらの美容液は、ミトコンドリアを活性化させてしわ、たるみに働きかけてくれる美容液なんです。以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 


アクティライズ酵母エキスは、核酸(生物の全ての細胞に含まれるタンパク質合成にかかわる重要な物質)やアミノ酸を豊富に含み、保湿効果に非常に優れた成分です。

 


また、ONE BY KOSE薬用保湿美容液は、有効成分がただ配合されているだけでなく、角層深くまで成分が行き届くように、インナーブースト処方という独自の処方で美容液が肌の奥まで浸透するように作られています。

 


▼インナーブースト処方とは


●浸透型エモリエントオイル配合

植物由来のオイル成分で角層の結合をゆるめることで、肌をほぐし柔らかくすることで、浸透力を高めることができます。


●微細乳化技術

水にも油にもなじみやすい成分を配合することで、美容成分を肌の奥まで引き込みます。主要成分を微細な乳化カプセルにしたことで、肌にスーッとなじみます。


●W発酵ポリマー

キサンタンガム、アルカリゲネフ産生多糖体からなるポリマーを配合することで、肌表面に抱水ネットを張り巡らせた様に潤いをとどめます。なめらかな使用感、肌のしっとり感を高めます。

 


ONE BY KOSE薬用保湿美容液は、スキンケアの後の方で使用するのではなく、洗顔後の最初の美容液として使用するのが効果的のようです。今、使っている化粧品を使用する前にブースター的に使用することで、化粧品の効果が更に発揮されるようです。

 


口コミなどを検索すると、ブースター的に使うことで、「化粧品の浸透力が変わった」という方が多いように思います。今までの化粧品はそのまま、と言うのがうれしいですよね。最近、ブースター的に使う美容液が増えている様に思います。

 


以下の記事もブースターとして使える化粧品のお話です。参考にしていただけるうれしいです。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com