顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

たるみ、ほうれい線対策には補うから生み出す神経幹細胞美容液に注目

美肌には欠かせないコラーゲン、ヒアルロン酸は、年齢とともに、徐々に減少していってしまうものです。今までは、減少してしまう成分に関しては、外側からあるいは内側から補う方法が取られてきましたが、時代とともに、生み出す方法へと変わってきました。それは、補う方法だけでは、肌トラブルの悩みは解決できないからです。

 


そんな生み出す方法を取り入れながら、最新の美容成分も配合しつつ、肌細胞の活性化とともに美白効果も合わせて可能にしてしまう初の美容液が登場しました。最新の美容成分とは何なのか?どれほど効果的なのかを記事にしてみました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に利用したい幹細胞培養液美容液とは

 

細胞には、それぞれ役割があり、なるべきものが決まっています。例えば、筋肉には、筋肉の細胞、神経には神経の細胞になるということが決まっているのです。しかし、こうした固有の役割を持たずにどんな細胞にもなれる細胞があります。それが幹細胞と呼ばれるものです。

 

f:id:maemukiworld:20170301112124j:plain

 


その幹細胞を培養する時に、幹細胞が分泌する成分が幹細胞培養液と呼ばれているものです。この成分には、500種類以上のタンパク質成分とサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれています。


幹細胞培養液については、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



サイトカインについては、プラセンタにも含まれている成長因子のことでもあります。以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 


幹細胞培養液には、プラセンタに含まれている成長因子と同じ様な働きをするサイトカインが豊富に含まれています。しかし、ヒト由来のプラセンタは、医療用の利用しか認められていないため、美容で利用されるものは、馬か豚のプラセンタが多いです。

 


動物から抽出したプラセンタは、ウィルス感染や細菌などの異物混入が懸念されるため加熱処理が必要になります。加熱することで、殺菌にはなりますが、ホルモンや成長因子などのサイトカインや酵素などが変形し、有効成分としての機能が失われてしまいます。

 

f:id:maemukiworld:20170323014101j:plain

 


一方、ヒト由来幹細胞培養液は、加熱処理をしなくても化粧品としての原料に利用できるため、肌に良質な成長因子届けることが可能です。この点がプラセンタとの大きな違いであり、本気でエイジングケアをしたいとお考えの方には、ヒト由来の幹細胞培養液がおすすめとなります。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善にヒト由来脂肪幹細胞培養液と神経幹細胞培養液

 

最も優れた幹細胞培養液を分泌するものは、幹細胞の中でも脂肪組織に存在する「脂肪由来幹細胞」が優秀であるということが研究結果で明らかになっていることですが、最近、脂肪幹細胞培養液には見られない効果として、神経幹細胞には、チロシナーゼの分泌が抑制されメラニン細胞の分化(増殖)を阻害する効果が非常に強いことがわかりました。

 

f:id:maemukiworld:20170323014305j:plain

 


その為、神経幹細胞培養液を美容液などで使用すると、脂肪幹細胞培養液よりも美白効果が高いことが明らかになっています。

 


また、肌深部まで届き、コラーゲンやエラスチンといった美容成分の生成も促進してくれます。この、神経幹細胞培養液を採用した美容液が「HITOYURAI+30」として誕生したのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善効果を期待する「HITOYURAI+30」の美容液とは

 

 

「HITOYURAI+30」の美容液とは、ヒト由来幹細胞培養液の中でも、汎用性が強く希少価値が非常に高いヒト由来神経幹細胞培養液を贅沢に使用している美容液です。ヒト由来神経幹細胞培養液の他にも新しく注目されているバーシカン、アルジレリンなどが配合されています。

 

f:id:maemukiworld:20170323014530j:plain

 

◆美白や皮膚免疫力に効果的なバーシカン配合


バーシカンとは、黄金まゆから抽出されるエキスで、肌の誕生に関わる重要なタンパク質のひとつです。皮膚の母細胞である線維芽細胞を活性化させ、コラーゲン、エラスチンを2.5倍に増やします。

 

 

バーシカンは、赤ちゃんの時に大量に生成されるもので、大人の肌では、ほとんど生成されない成分です。バーシカンを増やせれば、線維芽細胞の活動領域が拡大し、コラーゲンやエラスチンをより多く産生することが可能になります。

 


◆シワ改善に効果的な天然成分アルジレリン配合


植物由来の6つのアミノ酸が結合した成分です。ボトックスを同じような効果をもつ成分で、ボトックスより安全性が高いと言われています。スペインでは、塗るボトックスとも言われ、主に筋肉の緊張をほぐす役割があります。


アルジルリンいついては、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



◆コガネバナ根エキス


メラノサイトと結合することにより、メラニンが生成されシミの原因となる情報伝達物質エンドセリン-1の生産を抑制する効果が認められています。

 


◆牡丹の根エキス


毒性の心配がなく安全性の高い成分で、紫外線によって肌内部で発生する炎症物質を抑制する働きが確認されています。

 


◆アルブチン


コケモモやウワウルシの葉に含まれ厚生労働省が美白成分として承認する成分です。色素沈着を防いだり、紫外線による皮膚の損傷を防止する作用があります。

 


◆アデノシン


ヒトの体にもともと存在する成分で、傷んだ細胞を修復する働きを持ちシワの改善効果が認められます。肌細胞を活性化して、ターンオーバーを整えたり、肌のコラーゲンをサポートします。

 

 

f:id:maemukiworld:20170226235547j:plain

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善を目指す為の「HITOYURAI+30」の使用方法

 

 

「HITOYURAI+30」は、日本で生産されているため、安心して利用できる美容液だと思います。また、一滴で、手の甲まで広がるほど伸びが良いので、顔全体をカバーするのに2滴ほどで十分に可能だと思います。最初に付けた箇所が一番浸透しやすいので、まず、気になる部分から浸透させていくことをおすすめします。


乾燥している部分のお肌には、スルンと浸透し、潤い、快適に一日が過ごせます。

 

 

f:id:maemukiworld:20170323014745j:plain

 


◆使用法


使用料は、1~2滴程度を洗顔の後に、顔全体に気になる部分からなじませます。その後は、今まで使用しているスキンケア用品を化粧水から付けていって大丈夫です。

 


1~2滴の使用料で、線維芽細胞が活性化され、美白もできちゃう美容液は、年齢を重ねた肌トラブルを抱える女性にとっては、心強いアイテムになってくれそうです。