顔のたるみケアの始め方!コラーゲン、プラセンタ、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

ケイ素肌に塗って秋冬の乾燥肌対策!顔のたるみケアの始め方

つい先日まで日中の最高気温は、20度を越えるのは当たり前の季節だったのが、最近、急に寒暖の差が激しくなった感じがしますね。ここ数年、秋を楽しむという時期が短くなっているような感じもあります。

 


こんな急な季節の変わり目や気温の変化ってお肌にもかなり負担がかかっているような気がします。最近のお肌の状態は、大丈夫ですか?

 

 

ちょっと、肌荒れが気になる、乾燥が気になるかも~とか、急に小じわが目立つかも、身体は健康なのになんだか顔色が冴えない、顔色がくすんでいるかもなどなど、お肌の状態が急に変化したように感じる方は、季節の変わり目の寒暖の差でお肌に負担がかかっている状態です。

 

 

まずは、秋冬の肌の状態を知って、ケイ素を使った乾燥対策をすることで、年齢を重ねる度に生じる顔のたるみに対するケアにつなげていくことができます。最近、肌トラブルに悩まれている方へのおすすめ秋冬向けの保湿対策法です。

 

f:id:maemukiworld:20191113191104j:plain

 

夏の疲れがの残る秋の肌状態を知って顔のたるみケアへ

 


最近の夏は、高温注意報が出るほど日本の各地で気温が上昇する日があります。そんな日は、紫外線もかなり強くて、肌ダメージを受けやすい状態です。しっかり紫外線対策を行っているつもりでも、紫外線を100%避けることは難しいです。

 

 

紫外線の影響を受けたお肌は、シミ、そばかす、くすみの原因になります。紫外線は、肌内部のコラーゲンにダメージを与えお肌のハリ低下の原因を作ります。更には、長時間の冷房の影響で夏の時期から肌の乾燥が生じている方も少なくないようです。

 

 

季節が秋冬に向かうにつれ、気温の寒暖差が激しくなることでお肌にも冷えが生じやすくなります。肌が冷えると血行が悪くなり、お肌に十分な栄養が行き届かない状態になります。すると、ターンオーバーの乱れが生じ、肌細胞の入れ替わり機能が低下し、古い角質が肌表面に滞ってしまうという悪循環に陥ります。

 

古い角質が肌表面に滞ることで、シミ、くすみが目立つようになります。、また、肌の表面が硬くなり、化粧水などの浸透が悪くなり、更に乾燥を招いてしまうという状態が生まれます。そうなってしまったら、まずは、お肌にしっかり化粧水を浸透させる肌作りが大切になってきます。

 


古い角質をケアするには・・・・?クレンジング、洗顔、ピーリングなどが効果的と一般的に言われていますが、夏のお肌は疲れが残る秋のお肌は、紫外線の影響、乾燥で肌が敏感になっている場合が多いです。

 


そこへ、強めのクレンジングやピーリングなどでお肌に刺激を与えるようなケアを行うと更にお肌が敏感になり炎症を招きやすくなります。お肌に刺激を与えるようなケアは、避けることをおすすめします。

 

 

秋冬のスキンケア対策のポイントについては以下の記事も参考にしてください。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com




秋冬の乾燥対策にはケイ素がおすすめ!顔のたるみケアへつなげよう

 


夏の疲れが残る秋冬のお肌の状態は、紫外線の影響も受けてしまっているお疲れの状態です。そんなお肌の状態には、活性酸素を退治してくれるような強い抗酸化作用をもつ成分でお手入れするのがおすすめです。

 

 

そこで、最近注目されているケイ素がおすすめと言うことになります。ケイ素は、もともと人体に存在するものですが、20歳を過ぎたあたりから減少が始まります。しかし、ケイ素は体内で作られないので、年齢を重ねるたびに減少していくだけなんです。増えることがないのが残念です。

 

 

また、ケイ素の減少が老化と大きく関りがあると言われているほど、若さを維持するためには、ケイ素が人間にとってとても大切だと考えられるようになってきています。

 

 

ケイ素が多く存在する部分は、人間の皮膚だと言われているので、ケイ素の減少を緩やかにすることができれば、老化の速度も緩やかになり顔のたるみケアにも良い影響を与えてくれることになります。

 

 

ケイ素については、以下の記事を参考にしてください。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

ケイ素の働きには、コラーゲンの生成を助ける作用があると言われています。コラーゲンと一緒に摂取すると肌の弾力を維持するにも効果的と言われています。そんなケイ素を摂取しようと考えた場合、食品から摂取することも可能ですが、最近は、ケイ素が配合されている化粧品も多くなったので化粧品からの摂取も可能です。

 


しかし、ケイ素配合の化粧品って少し前までは、貴重でお値段も高価なものが多く、なかなかお手入れにケイ素を取り入れたくても取り入れられないという方が多かったように思います。

 


それが、最近、とっても購入しやすい価格のケイ素入り化粧水と出会ってしまったんです。これ、ほんとお肌の乾燥に使えるほかに、髪の毛にもシュッシュッと使えるので、最近、髪にツヤがないな~という方にもおすすめです。

 

ケイ素肌に塗るには「お肌と髪のごはん水」がおすすめ

 

f:id:maemukiworld:20191113190331j:plain

 

最近、これ便利~~買いやすい~~~と思って出会ってしまった化粧水が無添加にこだわっているトリプルサンの「お肌と髪のごはん水」です。スプレータイプなのでお肌にシユッシュッとするだけで簡単にケアできます。髪にもシュッシュッと簡単です。手が汚れないのがうれしい。

 

 

でも、手も乾燥する人は、手にもシュッシュッと良いかも!「お肌と髪のごはん水」は、水溶性コラーゲンもケイ素と一緒に配合されているところが魅力かも。しかも1,800円(税別)で購入できちゃいます。


興味のある方は、トリプルサンへどうぞ。

 

 

お肌のターンオーバーの乱れで古い角質ケアを考えた場合には、コットンにたっぷり「お肌と髪のごはん水」を含ませて優しくケアすると落としきれなかったメイクの汚れや古い角質ケアもできてしまうのでとっても便利です。しかも、それほど高価でないので、気にしないでたっぷり使えてしまうところが良いかも。

 


私の最近のお手入れは、「お肌と髪のごはん水」でコットンケアした後に、再度ビタミンC入りのトリプルサンとは違う化粧水をお肌に付けますが、浸透力が以前と全然違うところに驚いてしまいました。

 

 

ターンオーバーの乱れでお肌のごわつきが気になったり、乾燥が気になる方には使ってみてほしいおすすめの化粧水です。