顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔たるみ、ほうれい線に保湿は大切!ヒアルロン酸より保湿力があるポリグルタミン酸とは

暑い季節には、ついつい一日エアコンの中に居て、お肌が乾燥しがちです。寒い冬は、空気が乾燥していることもあり、やはりお肌も乾燥してしまいます。年令を重ねてくると、常にお肌は、乾燥と戦っている感じがしますね。

 


そんな、乾燥と戦うお肌に優れた保湿力のあるポリグルタミン酸がおすすめというお話です。ポリグルタミン酸は、納豆のネバネバ成分のことです。常に私たちが食べている納豆のネバネバに含まれるポリグルタミン酸についてまとめてみました。

  

f:id:maemukiworld:20170615165416j:plain

 

顔のたるみ、ほうれい線に優れた保湿を与えてくれるポリグルタミン酸とは

 

 

ポリグルタミン酸とは、納豆の粘りに含まれている成分のことです。アミノ酸が数十から数千個ほど結合した天然の成分です。最近の研究では、天然由来のアミノ酸結合物には、肌のバリア機能を正常化にしてくれる効果があることがわかっています。

 


お肌の角質内にある天然保湿因子(NMF)の主原料もアミノ酸です。お肌の保湿を保つ為にはアミノ酸がとても大切なのです。アミノ酸については、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



納豆菌が発酵する過程で作られるネバネバは、アミノ酸の一種であるグルタミン酸が結合してできたものです。ポリグルタミン酸は、普段から人々が口にしている成分ですから、人体に影響はなく、安心して利用することができます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善を期待したいポリグルタミン酸の効果とは

 

 

ポリグルタミン酸は、水と親和性がある為、化粧水や美容液などに配合しやすく、肌になじみやすいのが特徴です。ポリグルタミン酸は化粧品として肌につけると肌の表面に薄い膜を形成する働きがあります。この膜が、水分の蒸発を防ぎ、潤いを長時間内部にとどめておくとともに外的刺激から肌を守ってくれるのです。

 


また、細胞を活性化させ、天然の保湿因子を増やしてくれる効果もあると考えれています。その為、乾燥してカサカサに荒れてしまった肌を回復し、新陳代謝を促し、健康な肌を再生してくれることにも期待がもてます。

 


ポリグルタミン酸の保湿力は、ヒアルロン酸の2倍以上です。また、ポリグルタミン酸の分子は、小さい為、肌の奥まで浸透し、肌の角質層に存在する天然保湿因子(NMF)に働きかけます。肌が本来持っている保湿機能を高めるので、お肌に継続的な潤いを与えてくれます。

 


こうして、継続的に潤いを保つことができるようになったお肌は、一時的な潤いではなく、自ら潤い、常に水分を保てるお肌へと導かれていきます。それによって、若々しくハリや弾力があり、透き通るようなツヤのあるお肌へと生まれ変わっていくのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に利用したいポリグルタミン酸配合のローション

 

 

顔のたるみ、ほうれい線ができる原因と言うのは、様々原因が重なり合って生じてしまうものです。その中でも大きな原因と考えられていのが乾燥です。常にお肌が潤って、モチモチしていれば、たるむこともなく、シワにもなりにくいという訳です。

 


少しでも、優れた保湿効果のあるものを継続的に使っていきたいものですよね。上記で、説明したポリグルタミン酸もその手段としては、おすすめの成分です。ポリグルタミン酸が配合されている化粧品は、様々、ありますが、多く配合されている化粧品としては鈴木ハーブ研究所の「納豆ローション」です。

 

  f:id:maemukiworld:20170615165741j:plain

   

 

 名前もそのままですね。納豆ローションには、ポリグルタミン酸の他に、植物性コラーゲンであるナットウガムやオクラエキスも配合されていて、継続して使うほどしっとりしたお肌へと導いてくれるローションです。

 


納豆ローションの他には、コラーゲン生成を助けるダイズ芽エキスが配合された納豆ジェルもあるので、ラインでスキンケアを行うことで、さらにしっとりした、乾燥から卒業できるお肌になることができます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に利用したいポリグルタミン酸配合の美容液

 

 

実は、顔のたるみ、ほうれい線で悩んでいる方々の多くは、好んで美容液を使われている方が多いです。美容液は、お肌に栄養を与えるものですから、年齢を重ねて、不足してしまった成分を補うと言う意味でも、美容液は、とても大切なアイテムだと思います。

 


納豆菌は、肌を再生する細胞賦活作用が、プラセンタよりスゴイという「セラビオ」を作る時にも使われているのですが、そのセラビオ配合の美容液「アイムピンチ」にもポリグルタミン酸が含まれているのです。

 

  f:id:maemukiworld:20170615170138j:plain

 

 

いきなり「セラビオ」って言われても何?と言う方は、是非、以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



セラビオについて、簡単に説明すると、線維芽細胞に働きかけてくれて、コラーゲン生成をサポートしてくれる成分です。

 

 

そのセラビオは、大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させてできるエキスです。「アイムピンチ」には、加齢により減少してしまうコラーゲンの生成を助けるセラビオ保湿力に優れたポリグルタミン酸の配合で、ハリと潤いのあるお肌へと変えてくれます。

 


「アイムピンチ」は、全額返金保もついているので、ハリと潤いの効果を同時に実感したいという方は、一度試す価値はあると思います。こだわりの無添加美容液でもあるので安心して利用できる美容液だと思います。

顔のたるみ、ほうれい線改善にフコイダン配合の化粧品の効果とは?

フコイダン配合の化粧品が最近、多く出てきているようです。フコイダンと言うと、食物繊維が豊富で、腸に良いというイメージですが、どうやら、美肌効果にも期待できるものだったのですね。フコイダン配合の化粧品についてどんな効果があるのかまとめてみました。

  

  f:id:maemukiworld:20170602101212j:plain

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善に効果があるのか知りたい!フコイダンとは?

 

フコイダンとは、モズクやワカメ、メカブ、コンブなどの海藻類(主に褐藻類)に含まれている、ヌルヌル、ネバネバのヌメリ成分の一つで、水溶性食物繊維の一種です。フコイダンに代表される海藻類のヌルヌルした成分には、海藻の葉や茎が傷ついた場合に、そこから細菌が侵入してこないように防御したり、大気に曝された場合には海藻自体の乾燥を防ぐ役割があります。

 


モズクやコンブなどにフコイダンが含まれていることは、100年近く前から確認されていましたが、フコイダンにどのような効果があるのか明確になったのは、最近のことだと言われています。

 


海藻類に含まれるフコイダンについて、近年、注目されていることは、ガン(悪性新生物)に対する効果です。試験管内実験や動物実験、臨床の場面でも多くのことが明らかになりつつあると言われています。

 


フコイダンは、健康面、美容面など多岐に渡り効果が期待できることが確認されてきていますが、ここでは、美容面を中心にどのような効果があるのか紹介していきます。

 

顔のたるみ、ほうれい線改善に効果を期待したいフコイダンの効果・効能

 

フコイダンのもつ効果・効能は、様々で、免疫力増強作用、抗ガン・抗腫瘍作用、抗酸化作用、アレルギー緩和作用、血圧上昇抑制作用、血糖値降下作用、コレステロール中性脂肪低減作用、血液凝固阻止作用(抗血栓作用)、抗ピロリ菌作用、育毛効果、肌トラブル改善・美容効果、肝臓機能改善効果、抗肥満・ダイエット効果などがあげられます。

 


◆フコイダンの抗酸化作用


フコイダンには、活性酸素の攻撃を抑え込む効果のあることが確認されています。老化や、生活習慣病、ガンなどの発生メカニズムについて、全てが明らかになっているわけではありません。しかし、活性酸素が体内で作用することで、有害な過酸化物質が蓄積することが元凶であると考えられています。

 


呼吸によって取り込まれた酸素の一部が、体内でエネルギーが産生される際に、活性酸素へと変化します。私たちは、生きていくうえで、常に活性酸素との付き合いは、逃れることはできないのです。

 

 

◆フコイダンの肌トラブル改善・美容効果

 

フコイダンの特長でもあるヌルヌル、ネバネバのヌメリには、海藻自体の乾燥を防ぐという目的と、海藻表面が傷ついた場合に、そこから細菌等が侵入しないようにするという目的があります。海藻自体が自分の身を守るための自己防衛手段として分泌するものが、この粘調物質なのです。その為、保湿効果には、非常に優れているのです。

 


フコイダンの研究員が素手でコンブを扱う作業を続けていたところ、手荒れなどの肌トラブルがいつの間にか改善されていた点に気づき、フコイダンは人間の肌に効果的であることを発見したと言います。

 


この保湿力に優れたフコイダンは「F-フコイダン」と呼ばれ、コンブに豊富含まれているものです。コンブの中でも、「ガゴメコンブ」の中に特に多く含有されていると言われています。肌を乾燥から守り、肌トラブルを改善する方向へと導いてくれるものと考えられています。

 

 

   f:id:maemukiworld:20170602102539j:plain

 

 

 

▼F-フコイダンの細胞修復作用


F-フコイダンは、HGF(ヘパリン結合性ポリペプチド)と呼ばれ肝細胞増殖因子の産生を生体内で促進することが明らかになっています。このHGFは、傷んだ肝臓の組織を再生したり、血管やその他の組織など広範囲に渡る細胞の修復に作用します。こうして、細胞の新陳代謝が活性化され、傷ついた肌が修復される方向へと導かれます。

 


この細胞の修復力の改善効果は、主にF-フコイダンに認められるもので、U-フコイダンやオキナワモズク由来のフコイダンには、ほとんど認められません。F-フコイダンは、ガゴメコンブの他にワカメのメカブや石川県産のモズクにも多く含まれています。

 


HGFは、再生医療の分野でも注目されているものです。以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

▼F-フコイダンの保湿力


お肌をより良い状態に保つためには、保湿は欠かせません。水分量や油分が低下すると肌の弾力は失われ、顔のたるみやほうれい線、その他のシワなどの原因になります。また、肌が乾燥してしまうことで、バリア機能が失われると細胞の新陳代謝が低下し、正常なターンオーバーが行われない為に角質が溜まり、シミが消えにくくなります。

 


身体の内側からと外側から肌トラブル改善など美容効果に貢献してくれるのがF-フコイダンです。フコイダンと言えば、オキナワモズク由来のものが有名ですが、コンブ由来のF-フコイダンが持つ高い保湿力や細胞修復力に注目が集まっています。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線改善に利用したいフコイダン配合化粧品

 

上記までで、お肌に関するフコイダンの効果について紹介しました。優れた保湿力、抗菌作用、抗炎、抗アレルギー作用などもあることから近年、スキンケア用品にも配合され始めています。最近、フコイダン配合の化粧品は、ドラッグストアーや通販などで手軽に買えるものが多く出回っています。

 


フコイダン自体に優れた保水力があり、長時間の肌の潤いを保つ効果があると言われていますが、そこに強力な潤い成分であるヒアルロン酸をプラスした化粧水やほぼ純度100%の高濃度原液の美容液などもあります。

 

  f:id:maemukiworld:20170602101625j:plain

 


特に、芸能人も使用していることで、話題になっているフコイダン配合化粧品にニューピュアフコイダンがあります。ニューピュアフコイダンは、ほぼ原液100%で作られた美容液です。ゴットハンドとして有名なエステティシャンの高橋ミカさんがサロンで使っている商品として話題にもなったものです。

 


このニューピュアフコイダンは、体内でつくることができない必須アミノ酸が9種類、含まれているので、髪のケアにも使うと効果的だといわれています。シャンプーなどに数滴混ぜて使うことで、傷んでパサついてしまった髪にもたっぷり潤いを与えてくれます。詳しくは、以下を参考にして下さい。

 

高橋ミカ サロン専用化粧品 ニューピュアフコイダン

 

 

  f:id:maemukiworld:20170602102213j:plain

 

 また、北海道ガゴメコンブのガゴメエキスには、お肌にハリや潤いを与える働きがあるとともに、細胞の再生を促す効果も認められ話題のある美容成分です。そのガゴメエキスを高配合して誕生した化粧品がコーセーのプレディア、スパ・エ・メールのシリーズです。海の力で健やかに弾む肌へ導き、ハリとツヤを与えてくれるスキンケアシリーズになっているようです。

 


フコイダン原液での使用とフコイダン配合のシリーズ化粧品の使用では、目的が違ってきます。自分の肌の状態と向き合い、顔のたるみ、ほうれい線、その他のシワなどのエイジングサインに立ち向かえる美肌作りのアイテムとして一度、試す価値のある成分だと思います。

 


コーセーの化粧品と言えばライスパワー№11も有名ですね。以下の記事も参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com