読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

顔のたるみ、ほうれい線にアルファピニ28化粧水クマタケランの効果

亜熱帯の過酷な環境にも適応できて、たくましい植物クマタケラン奄美大島ですくすく育ち、化粧品の成分として採用されるようになりました。それも、世界初の成分と言うことです。

 

 

そして、年齢を重ねたお肌にも優しく働きかけてくれるということなのですが、クマタケランには、赤ワインの34倍のポリフェノールも含まれるという頼もしい植物のようです。その、クマタケランにどのような効果が期待できるのかをまとめてみました。

 

 

f:id:maemukiworld:20170421171931j:plain

 

顔のたるみ、ほうれい線に効果を期待するクマタケランとは

 

 

クマタケランは、奄美大島で昔から暮らす人にとっては、なじみの深い植物のようです。高温多湿で、菌が繁殖しやすい奄美大島では、防虫、防臭、防腐作用を兼ね備えたクマタケランで食材を包み利用していたということです。クマタケランには、「腐らせないハーブ」という呼び名がある様です。

 


また、昔から健康茶として種や葉をお茶にし、飲んだりして、薬草として民間療法などにも利用されていた様です。そのクマタケランの清浄、整肌作用に着目し、化粧品成分としての研究が始まり、クマタケランから蒸留水を抽出することができるようになったということです。

 


現在は、奄美大島で敷地面積7万坪(東京ドーム約5個分)の広さで、クマタケランは育てられています。そのクマタケランの農場には、私たちが安心して使用できるよういくつかのこだわりがあるようです。

 

f:id:maemukiworld:20170421172254j:plain

 

◆農薬は使わない

クマタケランの栽培には、農薬や化学肥料は使用せずに植物自身の持っている生命力を最大限に引き出すこだわりがあります。

 


◆手摘みで手作業

奄美大島で育ったクマタケランを1茎1茎選別し、丁寧に手摘みで収穫しています。収穫時期も植物が一番エネルギーを溜め込む花が咲き始める直前を見極め収穫します。

 


◆収穫後すぐに蒸留水と精油を抽出

クマタケラン天然成分を逃がさないため、収穫後すぐに蒸留施設で蒸留水と精油を抽出します。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線にクマタケランは効果があるのか?

 

 

㈱シェルゥームと東京農工大学との共同研究で、肌荒れや年齢肌への有用な美容エキスとして、クマタケランから抽出することができるようになったということです。

 

 

その共同研究において、クマタケランの圧搾蒸留抽出液を添加した細胞を培養すると、表皮細胞における炎症性サイトカインの産生、肥満細胞の活性化、神経突起の伸展が抑制されたということです。

 

f:id:maemukiworld:20170421173954j:plain

 

これは、クマタケランの蒸留抽出液を塗布した皮膚では、表皮細胞の炎症や肥満細胞の活性が抑えられると同時に神経細胞の発達が阻止される可能性があることを示します。

 


表皮細胞の炎症は、お肌の老化を促進させる可能性があります。肥満細胞の活性は、たるみなどを促進させる可能性があります。神経細胞の発達は、乾燥肌によるかゆみを促進させまる可能性があります。

 

 

これらのことが抑えられるということは、自然と顔のたるみ、ほうれい線対策へとつながっていくことになります。即効性は、ありませんが、安心して年齢肌の悩みと向き合い、継続して使える成分だと思います。

  

 

顔のたるみ、ほうれい線対策に取り入れたいアルファピニ28エッセンスローションとは

 


アルファピニ28エッセンスローションの成分のうち、最も多い割合を占めている美容成分がクマタケラン蒸留水です。アルファピニ28エッセンスローションは、タダの水は、一切使用していないということです。一般的な化粧水は、その90%以上が水でできています。アルファピニ28エッセンスローションは、91%がクマタケラン蒸留水です。

 

 


クマタケランの蒸留水は、原料のクマタケラン60㎏からわずか6mlしか抽出できない美容成分です。それが、ベースとなり、その他の成分は、セラミドヒアルロン酸アミノ酸を加え、その他に22種類の植物エキスを加えて作り出されたローションです。

 

 

 


加齢により、セラミドヒアルロン酸アミノ酸が不足すると、肌は、乾燥し、バリア機能が低下し、肌荒れを起こしやすくなります。それが、肌の老化を促進させ、顔のたるみ、ほうれい線を引き起こす原因になってしまいます。年齢を重ねる度に、不足する保湿成分を補うことは、大切になります。

 

f:id:maemukiworld:20170421174104j:plain

出典:㈱シェルゥーム

 

 

セラミド配合の意味


肌内部(角層)の水分の約80%以上は、セラミドなどの細胞間脂質です。いかにセラミド量を多く保てるかが若々しく潤いに満ちた肌になる秘訣です。


セラミドについては、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com



ヒアルロン酸配合の意味


水分を蓄える力、浸透させる力に優れています。セラミドなどの他の保湿成分と併用することで、角層内の水分量を高め、肌にハリを与えてくれます。


アミノ酸配合の意味


角質細胞における「天然保湿因子(NMF)」の主成分アミノ酸で、天然の潤い成分です。また、アミノ酸は、肌の細胞やコラーゲンの素となり、美肌には、欠かせない成分です。


アミノ酸については、以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 


アルファピニ28エッセンスローションは、お肌のことを考え、合成香料、合成色素、オイル、パラベン、酸化防止剤、エタノール、界面活性剤は、配合されていません。そういう点が安心できるポイントでもあります。

 


また、アルファピニ28エッセンスローションは、ミストタイプになっています。これは、クマタケランのアロマを感じて欲しいという㈱シェルゥームと東京農工大学のこだわりからです。クマタケランには、多くの針葉樹に含まれる特有の香りの素となるβピネンが含まれています。

 


βピネンは、かゆみを緩和してくれるとも言われています。ミストローションにすることで、クマタケランのパワーを最大限に得ることができるのです。特に、乾燥肌や敏感肌に悩まれている方には、試してみるべき化粧水だと思います。

 


アルファピニ28は、定期便にするとお得なんですが、更にうれしいことは、回数の縛りがないことです。最初から2ヶ月おきとか、3か月おきで注文できたり、スキップできたり、自由に選べるところが、購入しやすいポイントです。以下を参考にして下さい。

 【アルファピニ28 エッセンスローション】

顔のたるみ、ほうれい線にファンケル発芽米発酵液で吸収力アップ狙う

ぷるんとしたハリのあるお肌は、年齢とともにコラーゲンが減少することによって、ハリがなくなり衰えていきます。ハリがなくなってしまったお肌は、シワやたるみを引き起こし老化を進めてしまう原因になります。そのまま老化が進んでしまうと、肌のターンオーバーも滞り、古い角質は剥がれず、ごわついたお肌へと変化してしまいます。

 


お肌がゴワツキ始めると、高価な化粧品を外側から補おうとしても吸収してくれません。常に、お肌は、柔らかく、美肌成分が吸収できる状態にしてあげることが、急速に老化を進めない方法の一つでもあります。お肌を柔らかくする方法として注目されたのが発芽米です。

 


発芽米には、お肌を柔らかくしてくれる作用があるようです。発芽米と言えば、ファンケルがお馴染みですが、ずっと発芽米の研究を続け誕生した化粧品が、店舗でも購入できるようになります。今までは、限られた店舗と通販のみだったという化粧品「ビューティーブーケ」が簡単に手に入るようになるのです。


その発芽玄米のパワーについてまとめてみました。

 

 

 f:id:maemukiworld:20170420133804j:plain

 

顔のたるみ、ほうれい線のお肌を柔らかくする発芽米のパワーとは

 

 

発芽米とは、玄米をわずかに発育させた状態のことを言います。玄米には、胚芽・胚乳・糖などがついているため、白米にはない栄養がたっぷり含まれています。その栄養豊富な発芽米が、長い研究によって、美容成分の宝庫であることがわかったようです。

 


微生物の働きによって原料の栄養が倍増する発酵の力を活用し、栄養豊富な発芽米発酵液を作り出したのがファンケルだと言うことです。数千種類もある中から、厳選し、ベローネと言う酵母を選びだし、それにより作り出された、発芽米発酵液は、硬くなった大人の肌をほぐし、浸透を高める成分となりました。

 

  f:id:maemukiworld:20170420133443j:plain

 


発酵に使われる酵母のベローネは、乳酸を生成する特殊な酵母のようです。そのベローネのおかげで、乳酸とアミノ酸を豊富に含む発芽米発酵液を作り出すことができたのです。これは、白米を発酵した場合と比べて、アミノ酸量が10倍もあるということなので、発芽米発酵液の秘めたパワーに驚いてしまいます。

 

 

発酵の力と言うのは、原料を何倍にもパワーアップさせることができるようです。プラセンタも発酵、熟成させることで、何倍にもパワーアップしているのです。プラセンタの発酵、熟成については以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

  

 

顔のたるみ、ほうれい線とアミノ酸の関係

 

 

アミノ酸は、皮膚や髪の毛の原料となるものです。血中のアミノ酸濃度は肌の状態に影響します。血中のアミノ酸濃度が低くなると肌色が悪くなったり、肌のツヤが失われます。逆に濃度が高まれば、肌にハリや潤いが感じられるようになります。

 


肌の角質内にあるNMFという天然保湿因子の主原料もアミノ酸です。NMFは、肌の水分を保ち、角化細胞同士を支える役割を持つ成分で、シワやたるみを防ぐ働きも担っていますアミノ酸が不足するとNMFが十分に機能せず、肌の水分が蒸発して乾燥を招いてしまいます。結果的に、顔のたるみ、ほうれい線が生じてしまう危険がありますので、アミノ酸はとても大切なものなのです。

 

 f:id:maemukiworld:20170420134251j:plain

 


実は、以前は、化粧品ではNMFとしてPCA(アミノ酸アミノ酸の一つであるグルタミン酸からできるピロリドンカルボン酸)を配合すれば十分という考え方があった様です。また、保湿には、コラーゲンなどのタンパク質なども使われてきていました。

 


しかし、それだけでは、乾燥肌や肌荒れには不十分でアミノ酸を効果的に利用しなければお肌の水分を保つ効果が十分ではないことがわかったのです。角質層のNMFを含むアミノ酸を良い状態に保つことがお肌の水分を保つには最も重要なことなのです。水分が十分に保たれれば、顔のたるみ、ほうれい線対策にもつながっていきます。

 


最近、人気のナールスネオに配合されている「ナールスゲン」もアミノ酸誘導体です。以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

顔のたるみ、ほうれい線と乳酸の関係

 

 

乳酸がお肌に良いという話はよく耳にすることですよね。一時、顔に直接ヨーグルトなどを塗布することも流行ったりしました。しかし、食べるヨーグルトに含まれている乳酸のパワーは、とても弱いらしく、直接お肌に塗布しても、効果を得ることはなかなか難しいようです。

 


それよりは、しっかり乳酸が含まれている化粧品を使うとか、サプリメントを用いるとかを考えた方が効果的のようです。

 


乳酸には、ピーリング作用がある様です。ピーリングと言うのは、酸の力で皮膚の表面に溜まった古くなった角質をとり、肌の新陳代謝を促しくれる作用です。乳酸を外側から塗布することで、年齢とともにごわついた肌の古い角質を取り除いて柔らかい肌へと導いてくれます。その為、滞っていたターンオーバーが促進され、新しい肌に生まれ変わることで、顔のたるみ、ほうれい線への対策へとつながっていきます。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に利用したいファンケルのビューティーブーケのこだわり

 

 

ファンケルの化粧品、「ビューティーブーケ」は、元々は60歳からの女性向けに作られた化粧品のようです。しかし、アミノ酸、乳酸が豊富に含まれる化粧品だからこそ、早くから使って、お肌を柔らかくすることで、様々な肌トラブルを回避できるように思えます。


◆今までのスキンケア用品が肌に浸透し無くなってきた。

◆肌のくすみが気になり、ファンデーションの色が合わなくなってきた。

◆鏡を見るたびにフェイスラインが気になる。

 

以上のようなことが、気になっている方は、アミノ酸、乳酸を取り入れる化粧品を考えた方が良いかもしれません。ファンケルのビューティーブーケは、嬉しいことに、防腐剤などの使用はしていないんです。防腐剤や香料などは、老化を進めてしまう作用があるというこだわりから使用していません。

 

 f:id:maemukiworld:20170420134619j:plain

 


また、水は、お肌を柔らかくしないということから、1滴も水を使用せずに、発芽米発酵液100%としてのこだわりもあります。年齢を重ねるほど、安心して使えるものに出会いたくなるものですね。

 

 

最近は、アミノ酸や乳酸の大切さが話題になっていることから、ファンケルに限らず、アミノ酸や乳酸を多く含む化粧品も多くなってきていると思います。

 


例えば、乳酸の力を大きく取り入れているヤクルト化粧品もその一つかもしれません。

自分の肌と向き合って、必要なものを取り入れていきたいですね。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com