顔のたるみケアの始め方!コラーゲン、プラセンタ、セラミド、炭酸は効果あり?

顔のたるみ、ほうれい線にコラーゲン、注射、セラミド、炭酸、その他について効果があるのかを伝えています。

ケイ素肌に塗って秋冬の乾燥肌対策!顔のたるみケアの始め方

つい先日まで日中の最高気温は、20度を越えるのは当たり前の季節だったのが、最近、急に寒暖の差が激しくなった感じがしますね。ここ数年、秋を楽しむという時期が短くなっているような感じもあります。

 


こんな急な季節の変わり目や気温の変化ってお肌にもかなり負担がかかっているような気がします。最近のお肌の状態は、大丈夫ですか?

 

 

ちょっと、肌荒れが気になる、乾燥が気になるかも~とか、急に小じわが目立つかも、身体は健康なのになんだか顔色が冴えない、顔色がくすんでいるかもなどなど、お肌の状態が急に変化したように感じる方は、季節の変わり目の寒暖の差でお肌に負担がかかっている状態です。

 

 

まずは、秋冬の肌の状態を知って、ケイ素を使った乾燥対策をすることで、年齢を重ねる度に生じる顔のたるみに対するケアにつなげていくことができます。最近、肌トラブルに悩まれている方へのおすすめ秋冬向けの保湿対策法です。

 

f:id:maemukiworld:20191113191104j:plain

 

夏の疲れがの残る秋の肌状態を知って顔のたるみケアへ

 


最近の夏は、高温注意報が出るほど日本の各地で気温が上昇する日があります。そんな日は、紫外線もかなり強くて、肌ダメージを受けやすい状態です。しっかり紫外線対策を行っているつもりでも、紫外線を100%避けることは難しいです。

 

 

紫外線の影響を受けたお肌は、シミ、そばかす、くすみの原因になります。紫外線は、肌内部のコラーゲンにダメージを与えお肌のハリ低下の原因を作ります。更には、長時間の冷房の影響で夏の時期から肌の乾燥が生じている方も少なくないようです。

 

 

季節が秋冬に向かうにつれ、気温の寒暖差が激しくなることでお肌にも冷えが生じやすくなります。肌が冷えると血行が悪くなり、お肌に十分な栄養が行き届かない状態になります。すると、ターンオーバーの乱れが生じ、肌細胞の入れ替わり機能が低下し、古い角質が肌表面に滞ってしまうという悪循環に陥ります。

 

古い角質が肌表面に滞ることで、シミ、くすみが目立つようになります。、また、肌の表面が硬くなり、化粧水などの浸透が悪くなり、更に乾燥を招いてしまうという状態が生まれます。そうなってしまったら、まずは、お肌にしっかり化粧水を浸透させる肌作りが大切になってきます。

 


古い角質をケアするには・・・・?クレンジング、洗顔、ピーリングなどが効果的と一般的に言われていますが、夏のお肌は疲れが残る秋のお肌は、紫外線の影響、乾燥で肌が敏感になっている場合が多いです。

 


そこへ、強めのクレンジングやピーリングなどでお肌に刺激を与えるようなケアを行うと更にお肌が敏感になり炎症を招きやすくなります。お肌に刺激を与えるようなケアは、避けることをおすすめします。

 

 

秋冬のスキンケア対策のポイントについては以下の記事も参考にしてください。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com




秋冬の乾燥対策にはケイ素がおすすめ!顔のたるみケアへつなげよう

 


夏の疲れが残る秋冬のお肌の状態は、紫外線の影響も受けてしまっているお疲れの状態です。そんなお肌の状態には、活性酸素を退治してくれるような強い抗酸化作用をもつ成分でお手入れするのがおすすめです。

 

 

そこで、最近注目されているケイ素がおすすめと言うことになります。ケイ素は、もともと人体に存在するものですが、20歳を過ぎたあたりから減少が始まります。しかし、ケイ素は体内で作られないので、年齢を重ねるたびに減少していくだけなんです。増えることがないのが残念です。

 

 

また、ケイ素の減少が老化と大きく関りがあると言われているほど、若さを維持するためには、ケイ素が人間にとってとても大切だと考えられるようになってきています。

 

 

ケイ素が多く存在する部分は、人間の皮膚だと言われているので、ケイ素の減少を緩やかにすることができれば、老化の速度も緩やかになり顔のたるみケアにも良い影響を与えてくれることになります。

 

 

ケイ素については、以下の記事を参考にしてください。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

ケイ素の働きには、コラーゲンの生成を助ける作用があると言われています。コラーゲンと一緒に摂取すると肌の弾力を維持するにも効果的と言われています。そんなケイ素を摂取しようと考えた場合、食品から摂取することも可能ですが、最近は、ケイ素が配合されている化粧品も多くなったので化粧品からの摂取も可能です。

 


しかし、ケイ素配合の化粧品って少し前までは、貴重でお値段も高価なものが多く、なかなかお手入れにケイ素を取り入れたくても取り入れられないという方が多かったように思います。

 


それが、最近、とっても購入しやすい価格のケイ素入り化粧水と出会ってしまったんです。これ、ほんとお肌の乾燥に使えるほかに、髪の毛にもシュッシュッと使えるので、最近、髪にツヤがないな~という方にもおすすめです。

 

ケイ素肌に塗るには「お肌と髪のごはん水」がおすすめ

 

f:id:maemukiworld:20191113190331j:plain

 

最近、これ便利~~買いやすい~~~と思って出会ってしまった化粧水が無添加にこだわっているトリプルサンの「お肌と髪のごはん水」です。スプレータイプなのでお肌にシユッシュッとするだけで簡単にケアできます。髪にもシュッシュッと簡単です。手が汚れないのがうれしい。

 

 

でも、手も乾燥する人は、手にもシュッシュッと良いかも!「お肌と髪のごはん水」は、水溶性コラーゲンもケイ素と一緒に配合されているところが魅力かも。しかも1,800円(税別)で購入できちゃいます。


興味のある方は、トリプルサンへどうぞ。

 

 

お肌のターンオーバーの乱れで古い角質ケアを考えた場合には、コットンにたっぷり「お肌と髪のごはん水」を含ませて優しくケアすると落としきれなかったメイクの汚れや古い角質ケアもできてしまうのでとっても便利です。しかも、それほど高価でないので、気にしないでたっぷり使えてしまうところが良いかも。

 


私の最近のお手入れは、「お肌と髪のごはん水」でコットンケアした後に、再度ビタミンC入りのトリプルサンとは違う化粧水をお肌に付けますが、浸透力が以前と全然違うところに驚いてしまいました。

 

 

ターンオーバーの乱れでお肌のごわつきが気になったり、乾燥が気になる方には使ってみてほしいおすすめの化粧水です。

顔のたるみによるほうれい線にイオン導入は効果ある?エレクトロポレーションは?

イオン導入美顔器は、かなり前から販売されていて、常に進化しているイメージがありますね。イオン導入美顔器と言えば、美肌効果のイメージがありますよね。毛穴のお掃除をしてくれたり、毛穴の引き締め効果などに良いという感じがあります。顔のたるみによるほうれい線などには、どうなのかな?と思っていましたが、どうやら効果がある様なんです。

 

 

また最近では、イオン導入と並行してエレクトロポレーションについても注目されています。イオン導入とエレクとポレーションの効果の違いについてもまとめてみようと思います。

 

 


顔のたるみほうれい線に効果があるイオン導入って何でしょう?

 

 

イオン導入って良く聞きますね。肌に良いんだな~と言うのもなんとなくわかります。しかし、イオン導入ってどうして肌に良いのでしょう?イオン導入すると肌がどんな状況になるのでしょう?わからないまま使うのも怖いので、そんな方の為にもシェアします。

 


そもそもの目的は、肌に浸透しにくい成分を微弱な電流を流して、肌の奥へ届けましょうと言うことで始まったのがイオン導入の様です。その浸透し難いけど肌の奥へ届けたい成分が、ビタミンC誘導体やプラセンタと言うことになります。

 

ビタミンC誘導体については以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 


人間の肌の1番表側の角質層は酸性でプラスイオンが多いです。逆に、その内側の顆粒層はアルカリ性マイナスイオンが多いです。この2つは、反発しあい、角質層と顆粒層の間に電気の膜があります。この電気の膜が美容成分の浸透を妨げ、角質層より奥に届きません。

f:id:maemukiworld:20191103170649j:plain

 

イオン導入器で肌に電流を流すと角質層と顆粒層が中性に傾きます。反発しあう力が弱まり、美容成分の浸透を妨げていた電気の膜の働きも弱まって、肌の奥まで届くのです。一方、ビタミンC誘導体はマイナスイオインを帯びています。

 


プラス同士とマイナス同士は反発し合うので、イオン導入器でマイナスの電流を流すと反発したビタミンC誘導体が肌の奥まで押し込まれます。このように、角質層と顆粒層を中性に導き、ビタミンC誘導体を反発させることで、肌の奥へ浸透させると言う、2段階で肌に働きかけるのがイオン導入器です。

 

 

イオン導入器を使うと、手やコットンでスキンケア化粧品を肌につけるよりも数十倍高い浸透力になります。

 

 

イオン導入が評価され、話題になる理由は、薬物を体内に浸透させる方法として注射器を使わなくて良いと言う点にあります。それだけ、人間への負担がより少なくなるということで、近年、さらに研究も進められています。

 

 

具体的には、歯科では、局所麻酔の為に用いられたりする他、糖尿病治療剤、鎮静剤などのイオン導入の研究も進めらるほど注目されている方法のひとつです。

 

 

顔のたるみによるほうれい線に効くイオン導入美顔器とは

 

 

イオン導入美顔器は、微弱な電流を流すことで、水溶液の成分をイオン化させて肌の奥に浸透させてくれるものというのがわかりましたよね。肌は表皮と真皮の2種類に分けられます。加齢とともに真皮に存在するコラーゲンやエラスチンの減少によって顔のたるみが生じやすくなり、ほうれい線の原因になります。

 

 

f:id:maemukiworld:20191102181230j:plain

 

イオン導入美顔器を使うと、マイナスの力を持つビタミンC誘導体を肌に塗って、そこにマイナス電流を流すことでビタミンC誘導体の効果を肌の奥の方、つまり真皮に届けることができます。

 

 

このビタミンC誘導体はコラーゲンの生成などを促す働きがあります。肌にとって悪影響を与える活性酸素の働きを阻害し除去する働きがあります。顔のたるみによるほうれい線に作用する効果が期待できます。

 

 

つまり、、美容成分を肌の奥底まで浸透させて、その成分の力を最大限発揮させる補助効果をイオン導入美顔器は行ってくれることになります。また、マイナスの電流だけでなく、プラス電流を利用したお手入れができることもイオン導入美顔器の特徴でもあります。

 

 

肌に微弱なプラス電流を流すことで、皮膚角質層にあるプラスイオンが強化されます。その結果、体内のメラニンや不要な代謝物質などがプラスイオンに吸着し排除される効果があります。更に、イオンのマッサージ効果によって、肌の血行がよくなり新陳代謝が促進されるという効果も期待できます。

 

 

使用頻度としては、毎日使うと言うより、週に1回~2回程度で充分に効果を発揮しますので、週末のスペシャルケアとして使用すると良いでしょう。使用する化粧品は、ビタミンC誘導体が含まれているものやそれ以外にはマイナスイオンの力があって肌に浸透させることができる成分が入っているものを選ぶと良いと思います。

 

 

 

顔のたるみによるほうれい線に効果があるイオン導入美顔器の使っちゃいけない時

 


イオン導入って顔のたるみによるほうれい線に効果がありそうなことはわかりましたが、いつでも誰でも使って大丈夫なのでしょうか?

 

 

イオン導入ってそもそも皮膚に電流を流すことで刺激を感じる場合、問題が生じることが多いです。その為、一か所に長時間イオン導入を続けると、水の電気分解によりマイナス側の電極の付近が強くアルカリ性に変化してくれるため危険性も増します。薬剤自体導入時間が短くて済むような研究も進んでいます。

 

 

▼妊娠中の方

イオン導入で流れた電気が胎児に影響を与える可能性も否定できないため、妊娠中の方は、イオン導入を行えません。イオン導入の電流は皮膚の浅い部分しか通りませんので、理論上は胎児に影響を与えないと考えることができますが、その可否は実証されたことが無いため避けることが賢明です。

 

 

▼心臓ペースメーカーをしようしている方

イオン導入の電気が、ペースメーカーの機能波に影響を与える可能性があるため、避けたほうがよいとされています。

 

 

▼一部の美容外科手術をされている方

皮膚をリフトアップする為、「金の糸」などはイオン導入で流れた電気がそれに集中してしまい、ヤケドのような状態を引き起こす可能性があります。その為、このような異物が肌内に存在している場合にイオン導入を行うことは、大変危険です。

 

 

▼肌が不調なときはイオン導入を避ける

肌の調子が悪い時などにイオン導入を行うと肌が過敏に反応したり、肌の状態が更に悪化してしまうことがあるので避けた方がよいです。

 

 

例えば、重度のニキビが化膿して出血しているなどの場合は、イオン導入を行うことで、刺激を与えてしまう可能性があります。海水浴や山登りなどで急激に日焼けした場合なども肌は刺激を受けやすくなっているためイオン導入は避けた方が良いです。肌の調子が落ち着いた頃にイオン導入を行うことで、ニキビ跡を回避したり、日焼け後の回避につながるので、時期を待って行うようにしましょう。

 

 


顔のたるみほうれい線に効果があると話題のエレクトロポレーションって何でしょう?

 

 

エレクトロポレーションとは、電気の力で肌の奥まで美容成分を行き届かせる効果が期待できる方法でイオン導入と似ている部分もあり、最近、注目されている技術です。

 

 

エレクトロポレーションとは別名、「電気穿孔法」とも呼ばれています。最初は、エステなどの施術に使われていたようですが、今は、家庭用美顔器にも搭載されるようになり話題になっています。

 

 

イオン導入は、美容成分をイオン化させることで肌内部に浸透させることができたのに対し、エレクトロポレーションは、特殊な電気パルスで細胞と細胞の間に隙間を開き、できた空洞に美容成分を導入するという技術を採用しています。

 

 

そのため、今までイオン化できない美容成分でイオン導入できなかった美容成分にも使えるところが大きなメリットとして注目されています。

 

 

私たちの肌の一番外側には、バリア機能としての役割がある角質層があります。角質層には、レンガを積み重ねたように細胞が存在しており、その細胞との隙間に細胞間脂質(セラミドが埋め尽くされている状態です。

 

 

そこへエレクトロポレーションの技術により特殊な電気パルスで細かい振動を与えることによって、細胞同士が一時的に形を変え隙間を作り、美容成分を肌の奥に浸透させることができます。

 

 


顔のたるみによるほうれい線に効果が期待できるイオン導入とエレクトロポレーションとの大きな違い

 


イオン導入の初期のころは、お肌になかなか浸透しにくいビタミンC誘導体やプラセンタなどを肌の奥まで浸透させることができるという点で話題になり、注目されましたが、デメリットとして

 

 

  • イオン化されない成分に使用できない
  • 分子の大きいものには使用できない

 


などの点を指摘されることがありました。

 

 

エレクトロポレーションの技術は、そのイオン化導入で指摘されていた

 

 

  • イオン化されない成分にも使用できる
  • 分子が大きい成分にも使用できる

 


ということで、イオン導入のデメリットを解決してくれる技術です。因みに、イオン化されない成分、分子が大きい成分とは、ヒアルロン酸、コラーゲン、トラネキサム酸、CoQ10などです。

 

 

しかし、エレクトロポレーションは、言い方を変えると細胞同士に一時的に隙間を作って美容成分を浸透させるので、良いものだけでなく、悪い成分も入ってしまう可能性があるということです。例えば、合成成分や肌に負担をかける成分などが入っている場合には、体質的に肌トラブルを起こす可能性も生じます。

 

 

できる限り、無添加で安全なものを選ぶことが大切になります。合成保存料、合成香料、パラベン、界面活性剤、鉱物油防腐剤、乳化剤などの配合について、しっかりチェックすることをおすすめします。

 

f:id:maemukiworld:20191007002631j:plain

 

 

◆イオン導入が優れている点

 


一方、イオン導入にはできて、エレクトロポレーションにできないこともあります。エレクトロポレーションは、美容成分を導入することには優れていますが、お肌の汚れを除去することはできません。

 

 

しかし、イオン導入は、洗顔をしても落とすことができなかった見えない肌の汚れ、毛穴に存在する汚れなどを取り除くことができます。お肌や毛穴に存在する汚れは、マイナス電気を持っているので、プラスの電気で引き付けて取り除くことが可能です。これは、イオン導出と呼ばれています。

 

 

特に、毛穴の開きが気になり、毛穴に汚れが滞っている方には、イオン導出でお肌をきれいにすることはおすすめです。見えない汚れを取り除くことは、肌の乱れたターンオーバーを整え、硬くなった皮膚を柔らかくする働きが期待できます。そうすることで、大事な美容成分も浸透しやすい状態に導くことができます。

 

 

このようにして、それぞれの技術にはそれぞれのメリット、デメリットがあるという点は、理解できたと思います。自分の肌の状態に合わせて使い分けすることをおすすめします。